OST評論家 モンタンKOREA

sarahn.exblog.jp

“OST評論家”による韓国ドラマのOSTご紹介、そして、ときどき韓国の旅について書いています。ブログ名の「モンタン」とは韓国語で「まるごと」の意味。OSTの世界をまるっとお楽しみください♪

ブログトップ | ログイン
ベーカリー&カフェ「オモクヌニ(오목눈이)」に行ってきました!目的は、よもぎクランブルケーキです。

仁川空港に泊まり、美味しいポッサム定食を頂いたあと、本格的にひとり旅をスタート!ソウル市内のホテルにチェックインした後、甘い物が食べたくなり、目的地へ行く前にちょっと寄り道♪インスタグラムで見かけてから食べたいと思っていたよもぎクランブルケーキがあるベーカリー&カフェ「オモクヌニ(오목눈이)」へ!
f0283431_00433930.jpg

このカフェの最寄り駅は地下鉄2号線「奉天駅」(봉천역)で、その2番出口から徒歩5分ほどのところにありました。
f0283431_00450654.jpg

店内は広めで、テーブル席のほかにカウンター席も。
f0283431_01173398.jpg
f0283431_00433607.jpg

店内を見渡せる席を見つけて、いざ注文へ。お目当てのよもぎクランブルケーキとアイスアメリカーノにしました。
f0283431_00543357.jpg

レジカウンターの近くには焼き菓子などがたくさん!美味しそう~~。
f0283431_00433794.jpg


よもぎのケーキのほかに、かぼちゃケーキも人気のようで、インスタグラムにもたくさんアップされていました。こういう時、胃袋が何個もあったらな、とおもうわたしです。。w
f0283431_00433871.jpg

よもぎクランブルケーキは、クランブルやクリームがのっていて今にも倒れそうwよもぎのほろ苦さとサクサクとしたクランブルがベストマッチ!これは、クランブルは欠かせないですー。このサクサク感がたまらないw少し甘めではありますが、アイスアメリカーノとの相性は抜群で、あっという間にペロリと完食しましたwドリンクはすごく冷えていて、蒸し暑かったので最高!
f0283431_00433798.jpg

あまりにも居心地がよくて、1時間弱、ゆっくりとこのカフェで過ごしました。そして、どうしても焼き菓子が忘れられずに、よもぎスコーンと、レモンカードスコーンをテイクアウト!ドリンクが残ってしまったので、お店の方にテイクアウトしたいと伝えると、快く、グラスからテイクアウト用のカップに移し替えてくれました!更に、ちょっとお水をたしましょうか?と言ってくださって、それもお願いしました。なんとありがたい!
f0283431_00433757.jpg
f0283431_00433845.jpg

お店を出る前に、気になっていたことをお店の方に質問してみました。お店の名前についてです。「オモクヌニ(오목눈이)」は、ネットで調べたら鳥の種類の名前だったと伝えると、そのとおりですよ~とのこと!ちなみに、日本語で"エナガ"という鳥の名前です。
f0283431_00465084.jpg

カフェの入り口は、坂道の途中にあってユニークで、ドアはレトロでとても可愛いです。
f0283431_00433844.jpg


ここ、穴場カフェかもしれません。旅先では時間に追われがちですが、こうして、美味しいお菓子とコーヒーでゆっくりとカフェで過ごす、こういう旅もいいものです。
f0283431_00433842.jpg

■お店情報
・店名:オモクヌニ(오목눈이、omoknooni)
・住所:ソウル特別市冠岳峰1-32, 2階
    서울특별시 관악구 장군봉 1길 32 , 2층
・営業時間:平日10:00~21:00、週末12:00~21:00
・TEL:02-876-1245
f0283431_01080796.jpg
<つづく>


# by ayakolovekorea | 2019-08-19 01:00 | 2019年6月 ソウル | Trackback | Comments(0)
「家業食堂」という仁川空港第1ターミナルにある観光料理フードコートで、絶品のポッサム包み定食を頂きました。

ここ数年は、韓国の美味しいお店やお料理、カフェ、観光スポット等を、インスタグラムで検索し、自分の韓国の旅に備えていますが、今回ご紹介するポッサム野菜包み定食もインスタグラムで発見しました。
f0283431_23463386.jpg


「ポッサム野菜包み定食」(보쌈쌈밥정식、13,000ウォン)は、フードコートに出店している「マンソクジャン」(만석장)という、豆腐とサンパブ(野菜で包んで食べる料理)の専門店のメニューでした。この「マンソクジャン」(만석장)は1961年創業で3代続く名店。他の店舗では、豆腐料理や、野菜をセルフで食べ放題のサンパブ料理を頂けるとして、とても人気のお店だそうです。金浦空港近くのロッテモールにも店舗があります。
f0283431_23490321.jpg

注文して10分もたたないうちに、注文した「ポッサム野菜包み定食」(보쌈쌈밥정식)がやってきました!インスタグラムで見たとおり、いえ、それ以上の美味しそうなビジュアルにびっくり!この定食、日本で頂くと2,000円ぐらいしてしまうのではないでしょうか。とても豪華な定食でした。

メインの、ポッサム(茹で豚)とポッサムには欠かせないセンチェ(생채)という大根のセンチェ(千切りキムチ)と白菜。
f0283431_23463232.jpg

通常サイズのテンジャンチゲ。ピリッと辛味もあり美味しいです。
f0283431_23463304.jpg

サンパブ用の野菜に、青唐辛子も1本ありました。
f0283431_23463296.jpg

パンチャンが4種類も!キムチ、美味しかったな~w
f0283431_23463366.jpg

ポッサム(茹で豚)と、大根センチェ、サムジャン(薬味味噌)を野菜に乗せて、巻いて食べます。
f0283431_23463364.jpg

私は、こうしてご飯とパンチャンを一緒に包んで食べるのも大好きですwとても量が多かったですが、ペロリと完食しました!
f0283431_23463313.jpg

ここ仁川空港の「マンソクジャン」には、計9種類の定食がありました。次回は、別のお料理を頂きたいと思っています。楽しみw店舗情報は、前回ご紹介したブログを参考にしてください。⇒ブログはこちら★

<つづく>

# by ayakolovekorea | 2019-08-17 08:00 | 2019年6月 ソウル | Trackback | Comments(0)
韓国ドラマ「花郎<ファラン>」OST
まとめてみました!

若手ナンバーワン俳優ともいわれるパク・ソジュンやパク・ヒョンシク、SHINeeのミンホ、BTSのVたちが出演し話題になった韓国ドラマ「花郎」。とても華やかで豪勢なドラマでしたね!外見だけではありません。みなさん、演技もとても素晴らしく、ストーリーも面白い時代劇でした。そのOSTも、とても素晴らしいボーカリストが多数参加していて、ドラマに花をそえています。
*画像をお借りしました。
f0283431_08072660.jpg


このOSTランキングは、昨年12月3日にキネマ旬報社様から発売になった「韓国テレビドラマコレクション2019」に掲載されている「2018年の売れ筋OSTランキング★ベスト10 in Japan」です。わたくし、モンタンが執筆させていだきました。お読みいただけたら嬉しいです!

「花郎」のOST11曲をまとめてご紹介します。
ぜひお聴き下さい♪♪

■ドラマ情報
・韓国原題:花郎(ファラン、화랑)
・韓国初放送:2016年12月9日(KBS、全20話)
・日本邦題:花郎<ファラン>
・日本初放送:2017年3月25日(DATV)

1.死んでも君だよ(죽어도 너야)
V&Jin(BTSメンバー)



2.ドリーム(드림、Dream)
赤いほっぺの思春期(女性デュオ、볼빨간사춘기(Bolbbalgan4))



3.互いの涙になって(서로의 눈물이 되어)
ヒョリン(女性ソロアーティスト、元SISTARメインボーカル)



4.神の一手(신의 한 수)
ヤン・ヨソプ(highlightメインボーカル)


5.その場所がどこでも(그 곳이 어디든)
ハン・ドングン


6.あなたしか見えない(너만 보여)
ウェンディ、スルギ(RedVelvetメンバー)


7.呪文を唱える(주문을 외우다)
チョン・ウソン(Noelメンバー)



8.僕をひとりにしないで(날 혼자 두지 마)
チョン・ドンハ(男性ソロアーティスト)



9.神の一手(Acoustic Ver.)(신의 한 수)
キム・ジュナ



10.ここにいるよ(여기 있을게)
パク・ヒョンシク



11.互いの涙になって(ソヌ Ver.)(서로의 눈물이 되어)
パク・ソジュン





# by ayakolovekorea | 2019-08-16 09:00 | OST紹介 韓国ドラマ「は行」 | Trackback | Comments(0)
ここ数年で、仁川空港内の施設がどんどん充実してきていますが、今回ご紹介する韓国料理フードコート「家業食堂(カオッシッタン、가업식당)」もそのひとつです。
f0283431_17511942.jpg

この韓国料理フードコート「家業食堂」は、ほとんどが定食メニューなので、ひとり旅の方にもピッタリです。基本、ひとり旅派の私ですが、とても助かりますwこんなに定食料理が揃っているのも、空港という特殊な場所ならではと思います。
f0283431_18061680.jpg
f0283431_18061734.jpg

また、この「家業食堂」は、
・タッチパネルでオーダー
・日本語表記あり

です!これは、とっても便利なシステムですね。
f0283431_17492574.jpg


この旅で私が頂いた「ポッサム包みご飯定食」(13,000ウォン)は、韓国料理店「マンソクジャン」(만석장)のメニューです。私はこのメニューをインスタグラムで発見しました。そのビジュアルといったら!いわゆる"インスタ映え"します!次回のブログでご紹介しますねw

お店に到着し、いざ店内へ。店構えもとてもオシャレで、想像以上に広かったです。ここに、4店舗が入店しています。「マンソクジャン」の他に、「ハノクチブ」(한옥집)、「ヨンドンソルロンタン」(영동설렁탕)、そして「ハングクチブ」(한국집)。
f0283431_17490723.jpg
f0283431_18022342.jpg
f0283431_18022278.jpg


席に案内されると、テーブルにタッチパネルが置いてありました。このタッチパネルで注文します。
f0283431_18022251.jpg
f0283431_17490661.jpg
<タッチパネルでの注文方法>
①タッチパネルの中央に表記されている各言語(英語、韓国語、中国語、日本語)から「いらっしゃいませ」をタッチして線と線の間に移動します。これで全表記が日本語になります。
②"全メニュー"から、もしくは、お店の名前を選びそこからメニューを選び、パネルの説明通り注文に進みます。
これで、注文完了!いたってシンプルですー。
f0283431_18123495.jpg

「家業食堂」についてまとめますと、
・注文:タッチパネル。各テーブルに1台置いてある。支払はお店を出るとき。
・会計:お店を出るときにレジでお支払する。もちろんカードも使用可能。
・お水:各テーブルに置いてある。
・お箸等:注文した定食と一緒に出てくる。
・食器:食べ終わった食器は、そのままテーブルに置いたままでOK。店員さんが片付けてくれる。
・スーツケース:店内に持って入ってOK。ただし、カートはNG。
f0283431_17490718.jpg
f0283431_17485609.jpg

なんと利用しやすいお店なんでしょうか!ブラボーですw今まで仁川空港を頻繁に使っていましたが、毎回、すぐソウルへ行かなくちゃ!ということしか考えず周りを見ずに空港鉄道へ直行していました。今までなんともったいないことをw

次回は、実際に「家業食堂」で頂いた「ポッサム包みご飯定食」をご紹介します!

■「家業食堂」(가업식당)
・営業時間:6:30~22:00(ラストオーダー21:30)
・休業日:年中無休
・場所:仁川空港第1ターミナルB1F(どなたでも行ける一般エリア)
・メニュー:定番の他に季節限定メニューもあり。価格帯は9,000ウォン~13,000ウォン、スユク(茹で肉)定食22,000ウォン、チヂミ4,500ウォン(小)と8,000ウォン(大)。ドリンクやお酒類あり。

<つづく>






# by ayakolovekorea | 2019-08-15 08:00 | 2019年6月 ソウル | Trackback
仁川空港のカプセルホテル「ダラクヒュ」に荷物を置いて、いざ夜食を求めてターミナルへゴーゴーシーン!!第1ターミナルの到着ロビー1階にあるケンタッキー・フライド・チキンで絶品の韓国オリジナルメニューを発見しました。
f0283431_17294209.jpg

到着ロビーに到着すると、まだまだ眠らない空港にちょっとワクワクした自分がいました。ロビーには、たくさんの到着客と出発を待つ乗客がたくさん!

事前に、仁川空港で深夜もやっている24時間営業のレストランやコンビニ情報を調べていきました。目星をつけていたレストランにいくと、開いてない!第二希望にいっても、その店も開いてない。。。おかしい、ネットで仁川空港の公式サイトで確認したときは24時間営業となっていたのに!!><韓国あるあるなのでしょうか、、仕方がない、これも旅の醍醐味ということで!

あきらめて、1階の到着ロビーで開いてる店を探してみると、なんとファストフード店とコンビニしかありませんでしたw宿泊先から近いところで食事することにして、ロッテリアかケンタッキー・フライド・チキンの2択にしました。どちらも、東南アジアや欧米のお客さんたちや、空港職員やクルーたちがワイワイと楽しそうに食事中w

メニューをチェックしていると、ケンタのメニューに、目を惹くものが。それが「テンダートッポッキ」(2,400ウォン)!これは、素揚げしたミニトッポッキとミニフライドチキンに、トッポッキのあの甘辛ソースがかかっている韓国オリジナルメニューでした。絶対美味しいに違いないと確信し、いざケンタへ入店。
f0283431_17294271.jpg

ご存知の方も多いと思いますが、いまや、多くのファストフードのお店は、カウンターで直接オーダーする手前にオーダーマシンがあります。このケンタにもありました。が、まだ使ったことがないのと、お腹がすいていたので、構わずカウンターへ直行しましたw店員さんは、にこやかに迎えてくれました。こんな深夜にお仕事なんて大変だろうに、そんなこと顔にもださずにとても丁寧な接客でした。ありがたい。

早速、「テンダートッポッキ」を注文しました。待つこと数分、揚げたて作り立ての「テンダートッポッキ」とご対面!ビジュアルは自ら"美味しいよ!"と叫んでいるような、明らかに絶品のご様子に心がおどりましたw
f0283431_17294102.jpg
f0283431_17294209.jpg

早速ひと口。うまい!辛すぎず、甘すぎず、トッポッキはもちもち、チキンもコロモだけでなくきちんとお肉でしたwあっという間にペロリと完食。
f0283431_17294198.jpg
f0283431_17294171.jpg

このメニュー、日本でも食べられればいいのになーーーーと、あとを引くお味に大満足のお夜食。この旅で、もう一度食べようと決めた深夜の1時半でしたw

韓国のファストフードには、韓国オリジナルメニューがあちこちで見られます。"せっかく韓国へ行ったのにファストフード??"と思わずに、一度、のぞいてみてください。意外と楽しいですw

<つづく>



# by ayakolovekorea | 2019-08-13 17:00 | 2019年6月 ソウル | Trackback | Comments(0)