OST評論家 モンタンKOREA

sarahn.exblog.jp

“OST評論家”による韓国ドラマのOSTご紹介、そして、ときどき韓国の旅について書いています。ブログ名の「モンタン」とは韓国語で「まるごと」の意味。OSTの世界をまるっとお楽しみください♪

ブログトップ | ログイン

韓国ドラマ「未生(ミセン)」OST-날아 (ナラ、飛べ)-

”OST評論家”がご紹介します、本日のOSTはこちらです!
2014年の大ヒットドラマ「未生(ミセン)」の主題歌です!

OST - 「날아(ナラ)」(飛べ) /  이승열(イ・スンヨル)

ドラマ - 「미생(ミセン)
」  / tvN 2014年(20話)

ラブコメでもなく、マクチャン(泥沼)ドラマでもない。
財閥も、ラブラインもなく、出生の秘密、不治の病、四角関係もない、、、、
韓国ドラマといったらコレだ!という要素が、まったく入ってない!ドラマがありました。
それが、「未生(ミセン)」です。

”韓国ドラマは女性のもの”っていう観念が、この「未生(ミセン)」で、いい意味で、見事に崩れ去りました。
このドラマは、男性にも愛された、めずらしい現代ドラマです。

f0283431_00592487.jpg
*画像をおかりしました。

その主題歌である「날아(ナラ)」は、このドラマ全体に流れる、現実だけに息詰まるような、そして、一見救いがないような雰囲気を、さっと、あと味よくしてくれる、希望にあふれた曲です。
私は、この曲を聞きながら仕事をしたりして、気持ちをアゲています♪

私は、このドラマを、週末に見ていたのですが、見ていると、せっかくの週末なのに、会社にいっているような感覚になり、リラックスできないでいることに気が付きました。それほど、ドラマであってドラマでないような、不思議なドラマです。
サラリーマンの、そして現代の競争社会の現実をリアルに描いたドラマと言われています。
このドラマの原作は、ユン・テホ氏のウェブトーン(ネット連載漫画)です。

もちろん、中には笑えるシーンや、感動するシーンもあります。いやー、泣いたな~w
韓国では、このドラマに出てきた「名セリフ集」がネットにアップされていたり、と、社会現象を起こしたドラマでした。
最終回では、希望の光が見えるような、すがすがしい気分になるドラマです。

「未生」とは、囲碁の用語。
日本では、「弱(い)石」のことだそうです。
色々とネットで意味を調べたところ、「攻められたら縮こまり生きるか逃げ出すしかない石」との説明がありました。
現代の社会人を象徴しているのでしょうか。

大企業にインターンとして配属になった主人公のチャン・グレを演じるのは、アイドルグループZE:Aのイム・シワン。”演技ドル”(演技もできるアイドル)の中では、トップの俳優だと思います。

ぜひお聴き下さい060.gif










トラックバックURL : https://sarahn.exblog.jp/tb/24949993
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by ayakolovekorea | 2016-02-12 01:05 | OST紹介 韓国ドラマ「ま行」 | Trackback | Comments(0)