OST評論家 モンタンKOREA

sarahn.exblog.jp

“OST評論家”による韓国ドラマのOSTご紹介、そして、ときどき韓国の旅について書いています。ブログ名の「モンタン」とは韓国語で「まるごと」の意味。OSTの世界をまるっとお楽しみください♪

ブログトップ | ログイン

ひとり旅 秋の韓国7泊8日 その12~江華島の市内25番バスで行く世界遺産”コインドル”!

世界遺産にも指定されている”コインドル”「江華島支石墓群」(カンファドコインドルグン / 강화도고인돌군)を見に行きました!“コインドル”は、「支石墓」と言って、韓国だけでなく、世界の各地でも見られる古代のお墓の遺跡です。
f0283431_02323747.jpg
美味しいカルビタンを食べて、観光を再開しました。
メイン通りにでて、渡らずに右にまがり、通り沿いを歩いて進むと、バス停がありました。
25番というローカルバス(つり革があるあのバスですw)に乗るとコインドルに行けるということで、いざ乗車!江華島の中心地から、バスで約20分強ぐらいで行くことができます。

f0283431_02242442.jpg
ここで注意!
バス車内には、もちろん車内アナウンスで、「次は○○~~」と言いますが、それは騒音で全くと言っていいほど聞こえませんwバスが古いのか、道ががたがたなのか。。。wアナウンスをあてにしてはいけません(笑)

f0283431_02253413.jpg
コインドルに行くのなら、
①バスに乗るとき、運転手さんに「コインドル!」と伝え、運転席近くに座る。
座席は、必ず進行方向に向かって右側!(コインドルは右側に現れます)
②10分ぐらい乗ったら、右側の景色を集中して見る。
③降りるバス停の手前から、コインドルのマークが入った柵が見えてくるので(さすが世界遺産ですw)、見えたら降りる準備をして、アナウンスの声が聞こえたら、すかさず降りるボタンを押す!!

f0283431_02374137.jpg
f0283431_02273288.jpg
私たちは、左側の奥の席が空いていたので座り、右や左をわーいわーい!とバスの車窓を楽しんでいました。
その結果、コインドルを通り過ぎてしまい。。。そこからちょっとした珍道中がw
でも、これが旅の醍醐味というものwいい思い出ですw

わたしは、ひとり旅が多いせいか、地下鉄やバスを利用していて、ほとんどタクシーは使わないのですが、こうして市内バスに揺られて観光すると、“旅してる”ということを実感できて、ますますタクシーからは遠ざかっています(笑)


無事に「江華島支石墓群」(カンファドコインドルグン / 강화도고인돌군)に到着!
まずは、入場券を購入!と、チケット売り場に行くと、なんとその日は入場料無料でした~~~日曜日だったからかなw

f0283431_02292925.jpg
私は、目的のコインドルへ駆け寄りました!遠くからも見えたw
そのコインドルは、江華島にある代表的なもので、学生のころの歴史の教科書に載っていたもの。
大きな石柱を足にして、大きな岩がテーブルのように載っているコインドルです。おそらく皆さんも見たことがあるのでは。

↓この写真は、左斜め前からみたコインドル。とても大きかったです!
f0283431_02364208.jpg
資料によると、この上に載っている岩の重さは80トンほどあるそうです。
正面、左、右、後ろから、と、あらゆる角度から見てみたのですが、本当に不思議なものでした。この不安定な状態が、どうして崩れないのかなw

↓この写真は、後ろ側からとった写真です。不安定ですねw
足となっている岩が地面に埋まっているようですが、それにしても、上の岩がいまにも落ちそうです。

f0283431_02364629.jpg

ここは、「支石墓群」というだけあって、他にもいくつかのコインドルがあちこちにありました。時間がなく全部を見ることができずに残念です。
f0283431_02493584.jpg
この日は、空の雲の模様がおもしろいことにw
f0283431_02525656.jpg
江華島全体では約120のコインドルがあると言われていますが、私たちが訪れたこの”コインドル公園”として管理されている代表的なもの以外は、山や民家の近くに点在していて、なかなか見ることができないとのこと。江華島は本当に神秘的なところですね。

次回は、初!大邱の旅をご紹介します♪





トラックバックURL : https://sarahn.exblog.jp/tb/25028501
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by ayakolovekorea | 2016-03-09 03:22 | 2015年秋 ソウル・仁川・江華島・大邱 | Trackback | Comments(0)