OST評論家 モンタンKOREA

sarahn.exblog.jp

“OST評論家”による韓国ドラマのOSTご紹介、そして、ときどき韓国の旅について書いています。ブログ名の「モンタン」とは韓国語で「まるごと」の意味。OSTの世界をまるっとお楽しみください♪

ブログトップ | ログイン

ひとり旅 秋の韓国7泊8日 その19~海印寺(ヘインサ)! 本殿やその周辺の建造物を見学編

ついに本殿である大寂光殿(テジョックァンジョン)」までたどり着きました。
f0283431_23225315.jpg
私が海印寺に行った時期は、特にお祭りなどはなかったからか、人はあまりいませんでしたが、
だからか、とてもゆったり、自分のペースで見学することができました。シーズンオフでもかまいませんw

パンフレットをみながら、まずは本殿などを見学。
↓本殿を横側からみた様子です。

f0283431_23474802.jpg
庭中三層石塔(チョンジュンサムチュンソッタッ)
f0283431_23225456.jpg
本殿を見学していると、あるご夫婦がいらして、「どこからきたの?」と、話かけてくれました。
このご夫婦は、現在タイに住んでいて、韓国の古美術やインテリア関連のお仕事をしているとのこと。韓国には買い付けや里帰りで、本当に久しぶりに帰ってきたそうです。おそらく、60代のご夫婦かと思います。

アジョシが、「君はどこの国の人?」「ひとりで来たの?」「どうやってこのお寺を知ったの?」を矢継ぎ早に質問されました。わたしが、日本からひとりで旅行にきたと伝えると、心配そうな表情で、ここまでひとりで来たなんて信じられない、と(笑)

そのアジョシからみたら、こんな小娘が日本からひとりで旅行ってことで、心配してくださったんだとおもいます。アジュンマも驚いていました。日本には行った事があるそうで、でも、東京じゃなくて、関西がお好きとのこと。
15分ぐらいお話をして、別れ際に、本当に気を付けて旅をしなさいね、とお声もかけてくださいました。ありがたいです^^

大毘盧殿(テビロジョン)
本殿の隣にある「大毘盧殿」は国内最古とされる木造の同型双仏昆盧遮那仏を奉安。
ここに灯籠をかけて祈ると、千年の愛が叶うとのこと!

f0283431_23225545.jpg
↓手前が「大毘盧殿」で、その奥が本殿の「大寂光殿」
f0283431_23225304.jpg

梵鐘楼(ポムチョンル)
境内入口付近の右側にあって、鐘や鼓が置いてある場所です。

f0283431_23225562.jpg
↓海印寺の奥に位置する「伽耶(かや)山」から流れてくるお水です。
f0283431_00113180.jpg
次回こそ、「高麗八万大蔵経」をご紹介します!
<つづく>






トラックバックURL : https://sarahn.exblog.jp/tb/25977067
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by ayakolovekorea | 2016-09-20 00:21 | 2015年秋 ソウル・仁川・江華島・大邱 | Trackback | Comments(0)