OST評論家 モンタンKOREA

sarahn.exblog.jp

“OST評論家”による韓国ドラマのOSTご紹介、そして、ときどき韓国の旅について書いています。ブログ名の「モンタン」とは韓国語で「まるごと」の意味。OSTの世界をまるっとお楽しみください♪

ブログトップ | ログイン

ひとり旅 秋の韓国7泊8日 その20~いよいよ到着!海印寺「高麗八万大蔵経」編

いよいよ「高麗八万大蔵経エリアに到着しました。
私は、これを拝むために、はるばるやってきたのでした!念願の大蔵経板殿(テジャンギョンパンジョン)です。
お経が彫られている木版「高麗八万大蔵経」は、大蔵経板殿(テジャンギョンパンジョン)に保管されています。

大蔵経板殿(テジャンギョンパンジョン)

f0283431_19462756.jpg
中に入って「高麗八万大蔵経」を直接みることはできないとわかっておりましたが、なんと、それでも、窓枠から、中がみえる!ガラスでおおわれてなく、窓枠の隙間から、(少し遠目ですが)中をみることができました。もう、これだけで十分です!
f0283431_07343964.jpg
f0283431_23225413.jpg
大蔵経板殿の中は、↓このような感じです。ちょっと昔の写真だと思われます。
左側に、本のほうに棚に収められているのが木版にお経が手彫りされている「高麗八万大蔵経」です。

f0283431_23225464.jpg
【高麗八万大蔵経とは】(ネット記事抜粋)
韓国の国宝第32号である「高麗八万大蔵経」は、高麗時代1236年から制作が始まり約16年かけて完成しました。81,258枚の版木に8万4千法文が刻まれています。現存する木版の大蔵経では世界最古級で、海印寺の大蔵経板殿(国宝第52号)で保管されています。板殿は1995年に世界文化遺産に、2007年には「高麗八万大蔵経」が世界記録遺産に指定されました。
(大蔵経とは、仏教聖典で、経蔵・律蔵・論蔵の三蔵とそれらの注釈書をまとめたもの)

そのエリアには、世界遺産に登録されている登録証(レプリカかな)もありました。
↓左の木版は、「高麗八万大蔵経」のレプリカです。

f0283431_19472808.jpg
念願だった「高麗八万大蔵経」にたどり着き、たくさん見学し、大満足です!

ちなみに、海印寺のパンフレットは、入口近くにあるお土産やさんにで入手できます。日本語版もあります。このパンフレットを見ながら観光すると、より分かりやすく見学できます。

帰り道は、ゆるやかな坂道を下るので、すがすがしく散歩感覚で歩いていけました。時間があったら、途中のカフェで一休みしたいところでしたが、暗くなる前に"下山"しましたw

その途中で、美しい紅葉も見られ、とても素敵な秋を満喫できました。
韓国の紅葉は、その色が濃く、本当に美しいです。

f0283431_08253127.jpg
次回は、大邱編をご紹介します♪
<つづく>






トラックバックURL : https://sarahn.exblog.jp/tb/25977512
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by ayakolovekorea | 2016-09-20 18:00 | 2015年秋 ソウル・仁川・江華島・大邱 | Trackback | Comments(0)