OST評論家 モンタンKOREA

sarahn.exblog.jp

“OST評論家”による韓国ドラマのOSTご紹介、そして、ときどき韓国の旅について書いています。ブログ名の「モンタン」とは韓国語で「まるごと」の意味。OSTの世界をまるっとお楽しみください♪

ブログトップ | ログイン

カテゴリ:OST紹介 韓国ドラマ「か行」( 8 )

韓国ドラマ「彼女はキレイだった」OST
まとめてみました!

2015年9月に放送がスタートし、大ヒットしたドラマです。
"ロコクィーン"のファン・ジョンウム、今や人気ナンバーワンとの呼び声高いパク・ソジュンが主演をつとめました。そこに、SUPERJUNIORのシウォンが、これまたすっばらしい演技でこの二人にからみ、ドラマを更にいいものに仕上げました。個人的意見ですが、このドラマは、シウォンのドラマと言っても過言ではない、それほどの存在感と重要な役どころです。
(ロコクィーン:ロマンスコメディークィーンの略)
f0283431_00503539.jpg

OSTは、曲数は少なめですが、それでも名曲が生まれました。キヒョンの「あともう一歩」、そしてソユ&BrotherSuのデュエット曲「気づいてないみたい」は、必聴です!

■ドラマ情報
・韓国原題:「彼女はキレイだった」(그녀는 예뻤다)
・日本邦題:「彼女はキレイだった」
・韓国初放送:2015年9月16日(MBC、16話)
・日本初放送:2016年2月(DATV)

1.「ドキドキ」(쿵쿵쿵)
キム・ミンスン(김민승、男性ソロアーティスト)

2.「時々」(가끔)
ジア(Zia、지아、女性ソロアーティスト)

3.「あともう一歩」(한 걸음 더)
キヒョン(기현、「MONSTA X」メンバー)

4.「気づいてないみたい」(모르나봐)
ソユ(소유)、BrotherSu(브라더수)

5.「君だけだ」(너뿐이야)
シウォン(시원、Super Juniorメンバー)


6.「長い道のり」(먼 길)
パク・ソジュン(박서준)



by ayakolovekorea | 2018-11-26 00:32 | OST紹介 韓国ドラマ「か行」 | Trackback | Comments(0)
ご存知でしょうか?
俳優パク・ボゴムさんが、自身が主役をつとめたドラマ「雲が描いた月明り」のOSTを歌っていることを!

■OST「私の人(내 사람)」/ パク・ボゴム(박보검)
ドラマ「雲が描いた月明り(구르미 그린 달빛)」 (韓国放送2016年8月22日~2016年10月18日、全18話@KBS)

日本でも大人気なボゴムさん。
俳優になる前は、実は歌手になりたかったというのは有名なお話です。その歌唱力といったら、まー素晴らしい!今回うたってくれているOSTも、こころに浸みる歌声です。

(画像をお借りしました)
f0283431_02055055.jpg
このOSTが公開されようとしていた当時、KPOP音楽配信サイトは、大人気アイドルグループの防弾少年団(BTS)が1位を総なめにしていたのですが、パク・ボゴムの「私の人」が公開されたとたん、防弾少年団(BTS)を退け、1位を独占しました!パク・ボゴムは、歌声も愛されたということですねー。

*韓国版OSTのパッケージです。すごく美しい♪(画像をお借りしました)
f0283431_02055582.jpg

このドラマには、ソン・シギョン、ペク・チヨン、Gummy(コミ)、K.Will、Ben、ファン・チヨル、サンドゥル、エディ・キム、ソユ&ユ・スンユ、イ・ジョクと、OST界でも大人気のアーティストたちが参加しています。アルバムを聞いていると、それらの名だたるアーティストにひけをとらない歌唱力です。これからもOSTを歌っていってほしいです!

ぜひお聴き下さい。

*動画をお借りしました

by ayakolovekorea | 2018-11-14 02:13 | OST紹介 韓国ドラマ「か行」 | Trackback | Comments(0)
2016年。
韓国のドラマ界は、いい意味でとても“騒がしい”1年だったのではないでしょうか。次から次へと、大ヒットドラマが登場しました。地上波だけでなくケーブルテレビからも話題のドラマが続々と生まれ、視聴者である私たちも、忙しかった1年でした。ありがたいことですが(笑)

その中でも、ドラマ「雲が描いた月明り」は、旬の俳優パク・ボゴムさんが主演の時代劇とあって、大ヒットしました。本日は、そのメインテーマともいえるこのOSTをご紹介しましょう。

OST ― 「雲が描いた月明り(구르미 그린 달빛)」 / コミ (Gummy、거미)
ドラマ ― 「雲が描いた月明り(구르미 그린 달빛)」 / KBS2016年(18話)
f0283431_23473195.jpg
OST界の大御所である女性ソロアーティストのコミさんが歌っています。
このブログでも、コミさんが歌うOSTを何曲かご紹介していますが、これもとても素晴らしいOSTです。この曲を聞くだけでドラマのシーンが浮かんできます。

コミさんは、やっぱりラブストーリーのバラード曲が最高!彼女の歌声は、せつないという感情によく似合う声で、ドラマを見ているorOSTを聞いている私たちに“せつなさ”がまっすぐ響いてきます。

コミさんは、ドラマ「クリスマスに雪は降るの?」をはじめ、「スパイ」、「3days」、「大物」、「その冬、風が吹く」、最近では「主君の太陽」、「太陽の末裔」、「猟奇的な彼女」(時代劇ドラマ)など、そして映画では「私の頭の中の消しゴム」のOSTがとても大ヒットしました。

また、このドラマは、今週11/20(月)から、地上波テレビ東京で放送がスタートしました。日本の地上波から韓国ドラマが激減した中、このテレビ東京様の朝の韓国ドラマ枠は、本当にありがたいかぎりです。

それでは、コミさんが歌うOST「雲を描いた月明り」をお聴きください。




by ayakolovekorea | 2017-11-24 08:00 | OST紹介 韓国ドラマ「か行」 | Trackback | Comments(0)
素晴らしい変身に遭遇しました!

先日、Mnetで最終話を迎えた韓国ドラマ「カノジョは嘘を愛しすぎてる(原題)」(그녀는 거짓말을 너무 사랑해)で、大人気男性ソロアーティストであるソン・シギョンさんの名曲『僕に来る道(내게 오는 길)』がOSTに!

大好きなアーティストの名曲が、こうしてOSTに変身するシーンに遭遇したのは、わたくし"OST評論家"にとって初めてでした。

*画像をお借りしました。
f0283431_03283318.jpg
これまでは、ドラマを見て「あーいい曲だなー」 → 調べてみて「あ、●●さんの曲のリメイクなんだー」というケースだったのですが、今回はその逆です。初めての出会い方でしたwきっと、これからも、知ってる曲がOSTに変身という場面が少しずつ増えそうな予感です♪

OSTに変身した『僕に来る道(내게 오는 길)』を歌うのは、このドラマの主人公で、ガールズグループRed Velvetのメンバー、ジョイです。彼女は、本当に歌が上手い!Red Velvetは女性5人組グループですが、全員歌が上手いですが、ジョイはピカイチ!透明感ある声で、クセがなさそうですが、耳に残る歌声。一度きくと、ジョイの歌声はすぐに聞き分けられます。
f0283431_03291051.jpg
さて、OSTとなった名曲『僕に来る道(내게 오는 길)』は、ソン・シギョンさんの、2001年の1集アルバム「はじめてのように」の収録曲。韓国のアーティストたちに愛されており、様々なシーンで歌われています。

このOSTへの変身は、"あー、名曲ってこうやって歌い継がれていくのね"と、実感した出来事でした。
f0283431_03343438.jpg
ジョイが歌う『僕へ来る道』、そしてソン・シギョンさんが歌う『僕へ来る道』、どうぞお聴きください!
■ジョイ(Red Velvet)バージョン


■ソン・シギョンさんバージョン


*動画をお借りしました。

by ayakolovekorea | 2017-08-23 03:43 | OST紹介 韓国ドラマ「か行」 | Trackback | Comments(0)
意外なアーティストが歌っています!
このOSTを歌うのは、ガールズグループMissA元メンバーのスジ!
"国民の初恋"と称されている、あのスジです^^
(*MissAは公式に解散となっていませんが、メンバーが脱退したり所属事務所との契約が満了したりで、事実上の解散とみられています。)

OST - 「왜 이럴까(ウェイロルッカ、どうしてなの) / スジ(수지、元MissA)
ドラマ - 「君を愛した時間(너를 사랑한 시간)」 / SBS 2015年(16話)

前回ご紹介したこのドラマのOSTは、"OSTドル"のギュヒョン(SUPERJUNIORメンバー)が歌う曲でしたが、今回は、"OSTドル"でもあり有名な"演技(ヨンギ)ドル"も兼ねるスジです。
ギュヒョンが歌うOST紹介はこちら★

*画像をお借りしました。
f0283431_19402876.jpg
あまり知られていないかもしれませんが、スジは、韓国の有名なオーディション番組「スーパースターK」出身で、その歌唱力にも定評があります。「スーパースターK」の予選に出場した際、現在の所属事務所JYPスタッフからスカウトされオーディションを受け、見事合格。JYP所属アーティストとなりました。

スジが、ガールズグループMiss Aのメンバーでドラマや映画でも活躍しているのは知っていましたが、まさか、ピン(ひとり)で、OSTにも参加しているとは。

*画像をお借りしました。
f0283431_19592846.jpg
OSTは、歌唱力で勝負なので、人気があるだけで参加できるものではありません。
最初に、彼女の歌声に気付いたのは、本人の出演ドラマ「ビッグ」(コン・ユとイ・ミンジョン出演、KBS2012年)を見ている時でした。どこかできいたことがあるな、この歌声・・・・とおもって調べてみたら、スジが歌っていました。本当にビックリ!

「ビッグ」の他にも、ドラマ「私も花」「九家の書」「むやみに切なく」、映画「花、香る歌」という本人出演作のOSTにも参加していますが、驚きなのは、自身が出演していないドラマ「ドリームハイ2」「君を愛した時間」のOSTも歌っているということ。これは、実力が認められている証ではないでしょうか。

*画像をお借りしました。
f0283431_19582822.jpg
2011年放送のドラマ「ドリームハイ」に主役として出演しOSTも歌っていました。このドラマがそもそも音楽をテーマにしたドラマだったため、彼女が歌っているのも不思議でもなく、出演者が歌う曲がOSTに収録されているんだな、ぐらいにしか考えませんでした。そのドラマで歌っていたOST「겨울아이」(冬の子供)も絶品です!このOSTは、冬に、このブログでご紹介しましょうw

スジの紹介が長くなってしまいました。
このOST「왜 이럴까(どうしてなの)」は、自分に対して「どうしてなのか」と歌っています。

歌詞には、
난 왜 이럴까 내 맘이 (ナン ウェ イロルッカ ネ マミ)私、どうしたのかなこの気持ち
내 마음이 왜 이럴까(ネ マウミ ウェ イロルッカ)私の気持ち、どうしたのかな
왜 설레일까(ウェ ソルレイルッカ)なんでときめくんだろう

といった、自分に問いかける歌詞が続きます。
「~이럴까」「~일까」という「~ルッカ」「~イルッカ」と、韻を踏んでいる歌詞が印象的で耳に残ります。

では、スジが歌う「왜 이럴까(どうしてなの)」、どうぞお聴きください^^
*動画をお借りしました。




by ayakolovekorea | 2017-08-19 20:02 | OST紹介 韓国ドラマ「か行」 | Trackback | Comments(0)
"OSTドル"でも知られているSUPERJUNIORメンバーのギュヒョン。
本日は、彼が歌うOSTの中で、わたくしOST評論家が最もオススメする1曲をご紹介しましょう。

このドラマは、主人公、女優ハ・ジウォンと俳優イ・ジヌクの、ちょっと大人のロマンチックラブコメです。「男女の友情って存在するか?」という永遠のテーマがこのドラマのスジになっています。

OST - 「
우리가 사랑한 시간(僕たちが愛した時間)」 / ギュヒョン규현、SUPERJUNIOR
ドラマ - 「君を愛した時間(너를 사랑한 시간)」 / SBS 2015年(16話)

*画像をおかりしました。
f0283431_23314098.jpg

家が隣同士で同い年の主人公ふたり。高校時代から17年間、友情関係を築いてきました。そんな二人が34歳になり、関係性が少しずつ変化していきます。34歳という妙齢な"こじらせ男女"が織りなす物語は、とても魅力的です。

ここ数年、韓国では強烈なスタイルのドラマが多い中、この「君を愛した時間」は、ごくごく普通の男女のラブストーリーが描かれています。それだけに、このドラマへの共感パーセンテージは高い高い!

このドラマのテーマでもあろうこの曲「僕たちが愛した時間」は、イ・ジヌク演じるウォンが、ハ・ジウォン演じるハナへ送るラブレターのよう。ギュヒョンの透明感ある声で、ラブストーリーを聞かせてくれています。

ギュヒョンは、これまでもジャンル問わず、様々なOSTに参加しています。ラブコメ、シリアスものはもちろん、時代劇のOSTにも参加しています。アイドルなのにすごい!(笑)

彼は、Super Juniorでリードボーカルをつとめており、いやー、本当に歌が上手い!クセがないまっすぐな声は、一見、インパクトが弱くサラっと流れそうですが、不思議と耳に残ります。このブログでも、"OSTドル"の代表ともいえるギュヒョンのOSTを紹介していく予定ですので、どうぞお楽しみに!

それでは、ギュヒョンが歌う「僕たちが愛した時間」、ぜひお聴き下さい♪


*動画をお借りしました。

by ayakolovekorea | 2017-07-31 08:00 | OST紹介 韓国ドラマ「か行」 | Trackback | Comments(0)
今回ご紹介するOSTは、このドラマに出演しているアイドルグループB1A4のリーダーのジニョンが作曲しプロデュースした楽曲です。

OST - 「안갯길(アンケッキル)霧の道」 / 벤(Ben、ベン)
ドラマ - 「구르미 그린 달빛(クルミクリンタルピッ)
」(月が描いた月明り)  / KBS 2016年(18話)

OSTを歌っているのは、女性アーティストのBen
このブログでも何度かご紹介している実力派若手アーティストです。そのBenとB1A4のジニョンがこの「霧の道」を作り上げました。

*画像をお借りしました。

f0283431_23115107.jpg
ドラマ「雲が描いた月明り」は、今、旬の演技派俳優パク・ボゴム主演で、大ヒットした時代劇。世子(セジャ、皇太子)と男装した女性とのラブコメです。

「いいドラマには、いいOSTが生まれる!」という私の持論は、このドラマでも証明されていますw今回のOSTの他にも、名曲が集まっています!このブログでも少しずつご紹介します。

このOST「霧の道」は、6話のエンディングで初登場しましたが、耳に残る歌声とそのメロディーで、大好きなOSTとなりました。調べていくと、ドラマにも出演しているジニョンが曲を提供、それも、プロデュースしたとのことで、嬉しい驚きでした。

Benは、高音に特徴がある歌手ですが、このOSTでは、いままで彼女が歌ってきたOSTとはちょっと違って、高音を極力おさえ歌っています。それでも、さすがBen、少し鼻にかかったキレイな歌声はとても魅力的です。

ジニョンは、これまでも、所属するB1A4の楽曲をプロデュースしたり、音楽番組へ楽曲を提供したりと、その優れた才能は、作曲アイドルとしてもKPOP界で定評があります。また、彼は、“演技ドル”(演技もできるアイドル)としても有名ですね。このドラマで、初めて時代劇に挑戦していますが、その立ち姿や韓服の着こなしが美しい!時代劇、お似合いですw

ちなみにヒロインですが、子役から、とても美しく成長した、あの名子役だったのキム・ユジョン彼女の男装、みどころです!それにしても、あの子役のかわいらしい女の子が、本当に美しく成長されました!
この女優さんは、子役の頃からドラマでみていましたが、特徴のあるお顔立ちで印象に残る役者さんでした。「メイクイーン」(MBC2012年)のハン・ジヘの子供時代、「太陽を抱く月」(MBC2012年)のハン・ガインの子供時代、「トンイ」(MBC2010年)と「イルジメ」(SBS2008年)のハン・ヒョジュの子供時代など、数々の名作で子供時代を演じている大女優です。

ジニョンがプロデュースしBenが歌うOST「霧の道」、どうぞお聴きください。

*動画をお借りしました。






by ayakolovekorea | 2017-02-19 23:52 | OST紹介 韓国ドラマ「か行」 | Trackback | Comments(0)
パンガッパンガッ!!亜弥子です。
今日は、こちらのOSTをご紹介します060.gif

OST - 「사랑이 아프다 (サランイ アップダ) 愛が苦しい」 / 이상곤(イ・サンゴン by Noel)
ドラマ - 「구가의 서」(クガノ ソ、九家の書) / MBC 2013年


韓国を代表する若手俳優の一人イ・スンギ、そして、国民の初恋と称されるガールズグループmissAのスジ、この2人の初時代劇ドラマ「九家の書」のOSTです001.gif
ドラマは、ファンタジー時代劇。出演者は、イ・スンギ&スジ、そして、チェ・ジニョク、イ・ヨニ、ベテラン俳優イ・ソンジェ、など、そうそうたるメンバーです049.gif

f0283431_018544.jpg

このOSTを歌っているのは、男性ボーカルグループNoel(ノウル)のメンバーであるイ・サンゴンさんです。JYPのパク・チニョンがプロデュースした4人組グループ。
2006年に、入隊のキッカケで活動を休止していましたが、2011年に5年ぶりにカムバックしました056.gif

「널 사랑한 만큼 사랑이 아프다」(君を愛した分だけ愛が痛い)。
愛する人へ、届かない愛を歌っています。
そのせつない歌を、イ・サンゴンさんが、更に切なく聴かせてくれています。

一度、聴いてみてください060.gif
■「사랑이 아프다 (サランイ アップダ) 愛が苦しい」 / 이상곤(by Noel)


Noelのカムバックの曲が、とてもよい!!!その曲もご紹介します
韓国に行ったとき、あちこちで、この曲が流れていました。耳から離れず、誰が歌っているかもわからないまま、CDショップに飛び込み、店員さんに教えてもらってこのCDを購入しました。
■「그리워 그리워 (クリウォ クリウォ)恋しくて恋しくて」- Noel(노을)


*画像と動画をお借りしました。
by ayakolovekorea | 2013-12-02 01:03 | OST紹介 韓国ドラマ「か行」 | Trackback(1) | Comments(0)