OST評論家 モンタンKOREA

sarahn.exblog.jp

“OST評論家”による韓国ドラマのOSTご紹介、そして、ときどき韓国の旅について書いています。ブログ名の「モンタン」とは韓国語で「まるごと」の意味。OSTの世界をまるっとお楽しみください♪

ブログトップ | ログイン

カテゴリ:韓国ドラマロケ地( 4 )

韓国ドラマ「ラブリー・ホラブリー」のロケ地に行ってきました!

今回ご紹介するロケ地は、女優ソン・ジヒョ演じるヒロイン、オ・ウルスンの家です。そうそう、劇中でも、何度もでてきたあのおうち!このロケ地は、今や"ロケ地の宝庫"と言われている、仁川広域市にあります。
f0283431_00091548.jpg

「ラブリー・ホラブリー」は、パク・シフとソン・ジヒョが主演の、ホラーラブコメ。ホラー部分がちょっと多めで、殺人事件も起こったり、今までにない斬新なストーリーでした。とても面白かったです。

*画像をお借りしました。
f0283431_01142185.jpg
特に、ソン・ジヒョの演技が、素晴らしかった。
さすが、ロコクイーン(ロマンスコメディークイーン)!ノーメイクのようなメイク(?)で、服装もボロボロで、体当たり演技が見ものです。

また、久しぶりに、ラブコメに登場したパク・シフも、トライ(変人w)役が、サイッコウでした!
ドラマ「清潭洞アリス(チョンダムドンアリス)」とは雰囲気は違うものの、完璧なイケメンによる"変人"コメディな演技は、パク・シフにしかできないでしょうw

*画像をお借りしました。
f0283431_01142703.jpg

さてさて、この自宅は、劇中では、重要な役どころwウルスンの自宅と餃子店、という設定です。
また、この家の縁台でのシーンもありました。家の壁には絵が描かれていて、とても印象的です。場所は、仁川広域市の「東仁川駅」が最寄り駅です。

今回は、行きは、時間短縮のため駅からタクシーを使いましたが、徒歩でも行くことができます。ちょっと坂道をのぼるのですが、ゆるやかな坂道なのでご安心をw駅とロケ地間は、徒歩でゆっくり歩いて30分ほどです。

徒歩で行く場合は、東仁川駅から。駅の4番出口を出ます。
f0283431_00215136.jpg

まっすぐ進み横断歩道を渡ります。
「パリバケット」というベーカリーカフェが目印です。

まっすぐタルトンネ博物館への坂道をのぼりきり、少し前進し、今度は、坂道を少しさがると、ウルスンの自宅が見えてきます。
この画像は、登って来た坂を見下ろした風景です。
f0283431_00215195.jpg

坂道には壁画もあります。ここをもう少しのぼると「タルトンネ博物館」です。
f0283431_01212229.jpg
「タルトンネ博物館」
f0283431_00215115.jpg
この銅像は「タルトンネ博物館」の真ん前にあります。
f0283431_00215160.jpg
「タルトンネ博物館」をこえて、前進します。
途中には、壁画があったり、公園や、教会があり、それも通り越して、まっすぐ。
f0283431_00392677.jpg
暫くあるくと、左側に大きな下り坂が見えてきます。目印は、教会。画像の、左側にある、赤い丸が教会です。
f0283431_00450548.jpg

坂道を下っていくと、この教会の、すぐ隣に、ウルスンの家が!!
f0283431_00091591.jpg

これが、ウルスンの家です!
このドラマは、韓国では2018年8月から放送されていました。その後、約7か月たった今年の3月にロケ地へ行ってきたのですが、やはり、ドラマにでてきた家とは変わっていました。ドラマ用に作られていた部分が撤去されて元に戻った、のだと思います。それでも、直接、家を見たときには、テンションあがりました!行ってよかったー。
f0283431_00091548.jpg

壁画はまだ残っていました♪
f0283431_00091547.jpg

ドラマにも出てきて、ウルスンが良くここでぼーっとしていた、木のテーブル(縁台)もありました。韓国では「ピョンサン」(평상)といいます。
f0283431_00091522.jpg

左側の扉は、劇中では「餃子屋」でしたね。
f0283431_00362344.jpg


帰りは徒歩で東仁川駅まで歩いたのですが、途中にあるこの博物館の前の通りや近くの公園も、色々なドラマのロケ地に使われているので、この一帯を歩くだけで、ドラマファンには新たな発見があるでしょう!オススメのコースです。

仁川広域市は、本当にたくさんのドラマのロケ地として使われています。最近のドラマですと、ラブリー・ホラブリー、トッケビ、ビューティー・インサイド、無法弁護士、ボーイフレンド、シンデレラと4人の騎士、花遊記、スイッチ、サークル、などなど、挙げたらきりがありませんwなので、ついつい、仁川に通ってしまう訳です(笑)

仁川市については、初の日本人広報大使であるよすみまりさんのブログでたくさん紹介されていますので、そのブログも参考にしてロケ地巡りをすると、より面白い旅になるとおもいます。
⇒よすみまりさんのブログはこちら

f0283431_00422248.jpg
<つづく>

by ayakolovekorea | 2019-06-25 23:00 | 韓国ドラマロケ地 | Trackback | Comments(0)
ドラマ「キム秘書がなぜそうか?!」のロケ地を探して、第2弾です!
ソウル郊外にあるパジュ(坡州)にあるロケ地に行ってきました。

今回ご紹介するロケ地が劇中に出てきたのは、1度だけでしたが、とても印象的なシーンで使われました。

副会長のヨンジュンとキム秘書が、エッセイ「全ての瞬間が君だった(모든 순간이 너였다)」を読み時間を過ごした場所です。停電というアクシデントがあって、二人が初めて手をつないだ場所でもあります。

f0283431_18524575.jpg


ここは、「知恵の森」(지혜의숲)という図書館で、「坡州出版都市」にあります。”出版関係の企業が集う計画都市”だそうです。

ネットで検索した情報によりますと、出版や印刷会社、本などの流通記号をこの都市に集め、出版事業の効率化を図るという目的で作られたとのこと。1998年から計画が始まり、いまでは200社以上の企業があり、まだまだ増えているそうです。その出版都市に、とてつもない図書館もあり、話題を集めています。それが、「知恵の森」です。

「知恵の森」は、1,2,3とありますが、ロケ地に使われたのは、おもに「知恵の森 1」です。
f0283431_02170147.jpg


「知恵の森 1」の入り口はいったところ。
f0283431_18524575.jpg

f0283431_18524629.jpg

劇中ではこういうシーンで出てきました!
f0283431_23585412.png

オブジェもあったりw
f0283431_23004931.jpg
f0283431_18524546.jpg

このハシゴで上の本を取ります。
f0283431_18524677.jpg

奥には、カフェもあったり、お茶をのみながら本を読むスペースもあります。
f0283431_02284115.jpg

ソウル市内からは、バスで約30~45分ほどです。「ヘイリ芸術村」という有名な観光地があって、「知恵の森」は、その途中に位置します。
f0283431_02340481.jpg


バスは、ソウルの地下鉄2・6号線「合井駅」からすぐのバス停からスタート。
地下鉄2号線側にある1番出口の階段を上がります。その先にあるバス停で「ヘイリ芸術マウル」方面へ行く2200番バスに乗ります。
f0283431_18524424.jpg
f0283431_18524523.jpg

バス停「ウンソクギョ・サゴリ」(隠石橋交差点、은석교 사거리)で下車。このバス停から、徒歩で10分ほどで到着します。
f0283431_02340481.jpg

バス停でバスを降りて、バス停を前にして左(バスが進む方向)へ数分歩くと、目印となる、文化財であろう韓屋が見えてきます。近代的な建物が多い地区なので、この家屋はとても目立ちます。
f0283431_22575367.jpg
f0283431_18524775.jpg

韓屋が見えてきたら、手前の道を右に進みます。
f0283431_18524755.jpg

またまた数分歩くと、↑が見えてきます。「出版都市文化財団 アジア出版文化情報センター」と書いてあります。ここも超えて、もうちょっと進むと!左手におおきな建物が見えてきます。それが図書館「知恵の森」です。
f0283431_22581904.jpg
f0283431_22581989.jpg

帰国後に、イ・ジョンソクとイ・ナヨン共演の「ロマンスは別冊付録」(로맨스는 별책부록)というドラマをみたのですが、、、、なんと!!そのドラマの舞台が、ここ「知恵の森」でした!
f0283431_03413841.jpg

「ロマンスは~」は、出版社が舞台のドラマ。
イ・ジョンソクとイ・ナヨンが勤務する出版社「キョル」が入っている建物として、ここ「知恵の森」が劇中に何度も登場しました。このドラマを見てから行けばよかったかな(笑)

「知恵の森」は、高い天井まである本棚にたくさんの本が並んでいてとてもダイナミック!
「キム秘書はなぜそうか?」、「ロマンスは別冊付録」だけでなく、「花遊記」など、数々のドラマに出てきます。

奥にあるカフェでコーヒーをかって、デスクが並ぶスペースで持参した本を読む、オススメです。旅行者は、時間が限られているので難しいかもですが、疲れも取れるし、"暮らすように旅する"という雰囲気も味わえます。ぜひ!

■「知恵の森」
・住所:京畿道 坡州市フェドンキル145
    경기도 파주시 회동길 145
・開館時間
知恵の森1:10時~17時
知恵の森2:10時~20時
知恵の森3:24時間開放
・休館日:無し、年中無休
・最寄りバス停:隠石橋交差点(ウンソッキョサゴリ=은석교사거리)


by ayakolovekorea | 2019-06-04 23:00 | 韓国ドラマロケ地 | Trackback | Comments(0)
韓国ドラマを見ていると、本当にたくさんの素敵なロケ地を目にします。今回ご紹介するのも、そのひとつ。
異国情緒あるスポットで、どうしても直接行きたかったロケ地です。公園でもなく、観光地でもなく、それは、Nソウルタワーや解放村のタルトンネを見渡せる歩道橋です。
f0283431_03393734.jpg
f0283431_03393757.jpg
この歩道橋は、最寄り駅は地下鉄6号線の「緑莎坪駅(ノクサピョンヨク、녹사평역)」から、徒歩、10分ほどのところにあります。いくつものドラマに登場しているので、見かけたことがあるかも。

最近のドラマですと、「サム、マイウェイ~恋の一発逆転!~」と「君も人間か?」のロケ地として出てきました。。私がみたかったのは、夕日が落ちて夜になる時間帯!Nソウルタワー、町並みの夜景が素晴らしかった‼️寒波が来ていた12月のソウルで極寒でしたが、どうしても見たくて、ロケ地ハンター根性で行ってましたw

最寄り駅の2番出口を出発して、マップをたよりに進むと、地下歩道があります。その地下歩道で、道路の反対側に渡ります。
そのまま進むこと10分強。見えてきました、歩道橋!
f0283431_03393610.jpg

ふもとまで到着し、見上げると、とても高い!交通量の多い大通りにかかっていてる歩道橋でした。
f0283431_03393793.jpg
ということで、階段もきつかったです。でも、ちょうどエレベーターを作っているところで、完成すれば楽にのぼることができるでしょう。
f0283431_03434953.jpg
f0283431_03393639.jpg
エレベーターの完成図です。
f0283431_03394534.jpg

が、エレベーターはうれしいですが、そのエレベーターが、私が見たかった風景を邪魔してしまってました。。。本当に残念です。
Nソウルタワーと解放村と思われる地域のタルトンネの街並みが、それはそれは異国情緒たっぷりで、風情がありました。
f0283431_03393771.jpg

ドラマのおかげで、こうしてこの風景に出会えたわけで、本当にありがたいw
これからも、自分ではなかなか見つけられない素敵な韓国を、ドラマを通して見つけ、旅していきたいと思います。
f0283431_08484720.jpg
<つづく>

by ayakolovekorea | 2019-02-17 08:00 | 韓国ドラマロケ地 | Trackback | Comments(0)
パク・ソジュンとパク・ミニョン主演の大ヒットドラマ「キム秘書がなぜそうか?!」のロケ地に行ってきました!
劇中、何度も登場し、重要なシーンにも使われていた、キム秘書の家です。
f0283431_21204182.jpg
最寄り駅はソウル地下鉄3号線「東大入口駅」(トンデイックヨク)です。
この駅から、歩くこと約10~15分ほどで到着します。私は(毎度ですがw)、周りをみて散策しながらゆっくりすすむので、たぶん、20分ぐらいはかかったかとおもいます。

駅の5番出口をでてエスカレーターで地上に。
地上にでると、右手に大きな体育館があります。
f0283431_19141109.jpg
f0283431_21233267.jpg


そのまままっすぐ直進します。
すると、右手に「新羅免税店ソウル本店」があります。そこを通り過ぎると、右へまがる坂道があります。その道をひたすらまっすぐ!
f0283431_19141118.jpg

駅から、キム秘書の家へ向かう道は、ほとんど坂道です。
が、朗報です、坂道には、城郭沿いに遊歩道があって、普通の道路のほうを歩くよりも、坂が急ではなく、疲れにくい!!坂をのぼるときはぜひ遊歩道を歩いてください。その城郭は、ロケ地へ向かうには外側の遊歩道を歩くのですが、内側は「茶山(タサン)城郭道」という城郭ウォーキングコースになっています。
★城郭のウォーキングコースはソウルナビさんの記事をご覧ください。⇒こちら

f0283431_22113727.jpg
f0283431_21383992.jpg
f0283431_19141093.jpg

坂をすすむと、見覚えのある建物が!
近づいてみると、あの「冬のソナタ」にてでてきたマルシアン事務所の建物がありました。まだドラマの看板もあって!思いがけず見つけたロケ地でした♪
f0283431_19141092.jpg

坂道は、小さいギャラリーや、カフェが何件かあって、ちょっとかわいい坂道です。
城郭の向こう側は、5星ホテル「ソウル新羅ホテル」(서울신라호텔 / THE SHILLA SEOUL)!!
城郭の内側に、ホテルや免税店があります。位置的には、南山(ナムサン)のふもとです。ホテルにも免税店にもいかず、ひたすら城郭の道を進みましょうw
f0283431_19141181.jpg

坂道をどんどん進みます。見晴らしがいい!
それはそうですよね、かなり坂をのぼりましたwwでも、登った甲斐があります、とても気持ちがいい景色でした。
f0283431_19141236.jpg

すると、見覚えのある茶色の建物がみえてきました。それがキム秘書の家です!
実際には、建物や周辺のみ撮影につかわれています。建物は、1Fがカフェで、2Fがギャラリーでした。
f0283431_22065539.jpg


建物に到着!感動~~~。ドラマにでてきた、そのままでした!
f0283431_21204182.jpg

劇中では、2Fがキム秘書の家の設定でした。この階段もよくでてきました。
f0283431_19141102.jpg

これでもか!というくらい、写真をとりました♪♪そして、写真を撮りながらOSTを聞く!わたくしOST評論家のオススメは、これなんです、"ロケ地でOSTを聞く"。みなさん、ぜひ試してみてください♪感動が倍増です♪

ドラマでは、こういうシーンで登場しています。
f0283431_21460712.jpg
f0283431_21460871.jpg
f0283431_21460868.jpg
f0283431_21460821.jpg
f0283431_22304704.jpg
ドラマの余韻に浸り写真を撮り終えると、どっと疲れが(汗)
せっかくなので、1Fのカフェ「意外な組み合わせ(의외의 조합)」に入ってみました。
カフェは、次回ご紹介します。

<つづく>








by ayakolovekorea | 2019-01-28 22:00 | 韓国ドラマロケ地 | Trackback | Comments(0)