モンタンKOREA

sarahn.exblog.jp

“OST評論家”による韓国ドラマのOSTご紹介、そして、ときどき韓国の旅について書いています。ブログ名の「モンタン」とは韓国語で「まるごと」の意味。OSTの世界をまるっとお楽しみください♪

ブログトップ
"OST界"、そして"バラード"の女王ペク・チヨンさん!
2月末に中野サンプラザで開催された「韓流ぴあ11th Anniversary Event"『OST VOCALIST SUPER SESSIONS』」で素晴らしい歌声を披露してくれました。

ここ1,2年、ご出産や育児のためか、OSTはちょっとお休みされていると思われるペク・チヨンさんでしたが、1曲目を聞いたとき「女王健在!」の文字が浮かびました。

実は、ペク・チヨンさんの生歌を聞くのは、今回が初めて。鳥肌がたちましたw
歌唱力はもちろんのこと、表現力がすばらしい!ペク・チヨンさんは、歌詞となった文字へ命を吹き込み、聴く者の心へダイレクトに届ける、天才だとおもいます。
f0283431_17075853.jpg
わたくし"OST評論家"のOSTへの入り口はSUPERJUNIORのイェソンさんですが、ここまでOSTにハマっていった原因の1つは、ペク・チヨンさんかもしれません。彼女との出会いは、韓国ドラマのOSTで、ソロアーティストで人気がある方とは知りませんでした(すみませんw)。彼女が歌うOSTがきっかけで、彼女のオリジナルも聞くようになっている、こうしてOSTが、私と韓国音楽をつないでくれた、橋渡しをしてくれました。

今回、ペク・チヨンさんが披露してくれた歌の中に、まさかこの曲がナマで聞けるとは!というOSTがありました。とても好きなOSTなので、嬉しかったーwそれは、ドラマ「千日の約束」(2011年放送)OST『ここが痛い』です。

ドラマ「千日の約束」は、記憶を失っていく女性(スエ)と、その女性との愛を守ろうとする男性(キム・レウォン)との正統派ラブストーリーです。もう悲しいドラマに間違いないですし、OST『ここが痛い』は、曲のタイトル通り悲しい歌ですが、曲調が悲しいバラードに仕上がっておらず、それが、更にドラマの悲しさを引き出してくれています。
*画像をお借りしました。
f0283431_10512366.jpg
ペク・チヨンさんは、ジャンルを問わず、たくさんのOSTを歌っていますが、ほとんどが大ヒットドラマのOSTです。それは"ペク・チヨンが歌えばドラマもヒット"という方程式でもあるかのようです!「シークレット・ガーデン」「IRIS-アイリス-」「屋根部屋のプリンス」「王女の男」「最高の愛」などなど。日本でも有名なドラマです。ちなみに、彼女は、「シークレット・ガーデン」OST『その女」で、日本デビューもしております。そのカップリング曲として、コンサートで歌ってくれた『愛さない~サランアネ~」の日本語バージョンが収録されています。この『愛さない~サランアネ~』は、彼女の代表曲の1つで、カラオケでもよく歌われているそうです。

今回のコンサートでは、全6曲。なんと、「シークレット・ガーデン」の『その女』、そして、「IRIS-アイリス-」の名曲『忘れないで』も披露してくれました。

ペク・チヨンさんといえば"バラード"のイメージですが、ノリノリの曲ももちろん素晴らしい!2PMメンバーのテギョンとのコラボでも話題になった彼女のオリジナル曲『私の耳にキャンディー』も歌ってくれました!が、テギョンはいま入隊中。今回のコンサートでは、代役として、なんと、ペク・チヨンさんのマネージャーさんが!!

長年、ペク・チヨンさんのマネージャーをされている方とのことで、その息のあったパフォーマンスで、会場は大いに盛り上がりました。途中、ペク・チヨンさんもヒールを脱ぎ捨て!OSTはバラード曲が多い中、この1曲で、会場は最高潮に♪曲が終わりマネージャーさんにインタビューすると、「自分の担当している歌手のダンスくらい踊れないと!」と。最高のコメントです!

今回のセットリストはこちらです。
1.その女(그여자):「シークレット・ガーデン」OST
2.愛さない(사랑안해):オリジナル楽曲
3.あなたの心(그대의 마음):オリジナル楽曲
4.私の耳にキャンディ(내 귀에 캔디):オリジナル楽曲
(*ドラマ「シークレット・ガーデン」の劇中で本人が歌うシーンがありますが、オリジナル楽曲で、OSTアルバムには収録されておりません。)
5.ここが痛い(여기가 아파):「千日の約束」OST
6.忘れないで(잊지 말아요):「IRIS-アイリス-」OST

しっとりしたバラード、そしてセクシーなダンスとアップテンポの曲、その両面の魅力をみせてくださいました。これからも、たくさんのOSTを歌って頂きたいです。

ドラマ「千日の約束」のOST『ここが痛い』をご紹介します。ぜひお聴き下さい。
*動画をお借りしました。

次回は、最終回。
トリをつとめたソン・シギョンさんについて書きたいと思います。

<つづく>

# by ayakolovekorea | 2018-03-25 10:54 | 韓国ドラマOST | Trackback | Comments(0)
"韓流ぴあ11th Anniversary Event"「OST VOCALIST SUPER SESSIONS」!
2月末、中野サンプラザに、OST界でも名だたるトップアーティストの3名が1つのステージに立ちました。

OST界では、大御所のこの3名、ソン・シギョンさん、ペク・チヨンさん、キム・テウさん。
この方々の競演を、日本で見ることができるなんて・・・・。コンサートの速報を発見したとき、どれほど驚いたことか!

韓国ではもちろんのこと、日本でも有名なこの3名のコンサートなので、チケットを手に入れるのは難しいとおもっていました。OSTが好きすぎて"OST評論家"と名乗り活動している私としましては、これは絶対にはずせない!

が!
なんと、お友達がチケットをとってくださいました!本当にありがたかった!私がOST好きというのをよくわかってくれており、お声をかけてくれました。OSTコンサートは、昼の部と夜の部の2回。私は、夜の部に参戦してきました。
19時にスタートしたコンサート、終わったのは約3時間後の22時近く。たっぷり聞かせてくれました!
f0283431_17075853.jpg
コンサートでは、OSTはもちろんのこと、ご自身の曲だったり、ソン・シギョンさんに至っては、日本のドラマのOSTを日本語で披露してくださいました。3名ともさすがベテランだけあって、観客を乗せるのがとてもお上手!MCがとてもおもしろかったです。

トップバッターは、キム・テウさん。
8月に開催された、これまた、OSTコンサートに参加されましたが、彼は本当におっきいですww
あの体格から発せられる歌声なので低音と思われるかもしれませんが、私の印象では高音に強いアーティストです。
(*画像をお借りしました。)
f0283431_17105243.jpg
~キム・テウさんとの出会い~
私が初めてキム・テウさんを知ったのは、韓国を旅行中のことでした。
ホテルでくつろいでいたとき、テレビからいい声と音楽が流れてきました。高音、ほどよいハスキーボイス、わたし好みの"硬い"声。画面をみると、時すでに遅く、終わりかけでした。幸いにも曲名だけは書き留められました。

旅をしていると、ホテルで衝撃を受けたあの曲があちこちから流れてきました。どうやら今とても流行っている曲のようでした。居ても立っても居られず、CDショップに向かうと、店内もこの曲が流れていました。

ふとモニターを見ると、ミュージックビデオではなく、ライブ映像でした。「ん?なんか、おっきくてサングラスかけてて、ガラ悪そうな人がスーツきてマイク持ってて、、、」(失礼w)「え!!!!この人があの歌声の人?!?!」でした(笑)まさかの風体に、驚きました!あのひとが、あのすっばらしい歌声の人。。。。
店員さんに聞くと、「キム・テウ」という名前でした。これが、キム・テウさんとの出会いでした(笑)
(サングラスは彼のトレードマークのようですw)

日本に帰国後、YouTubeで検索してミュージックビデオ(MV)をみると、ご本人がMVにも出演し、歌っていました。最後までサングラスを外さずw色々調べていくと、あの有名なアイドルグループ「god」のメインボーカルで、ソロとしても活躍している方でした。ここでまた、私が持っていた"アイドル"というイメージを、いい意味で崩してくれました。

今回のコンサートで、キム・テウさんは、全6曲、披露してくださいました。
■キム・テウ(김태우)
1.High High:「紳士の品格」OST
2.Dreaming Dream(夢を見る、꿈을 꾸다):「IRIS-アイリス-」OST
3.Falling In Love(恋に落ちる、사랑에 빠지다):「ペク・ドンス」OST
4.君という翼(그대라는 날개):「個人の趣向」OST
5.Love Rain(愛の雨、사랑비):オリジナル楽曲
6.The words I want to say(言いたいこと、하고 싶은 말):オリジナル楽曲(ソロデビュー曲)

「5.Love Rain」。
これが、私とキム・テウさんとの出会いの曲です。
初めてこの曲を韓国で見つけたとき、数年後に、生で、目の前で歌っているのを聞けるなんて、夢にも思いませんでした。最初の出会いから約10年近くたちますが、再会した気分です。

コンサートで披露してくれた曲は、全曲素晴らしいですが、ここでは、出会いの曲「Love Rain(愛の雨)」をご紹介します。ぜひお聴き下さい。
5.Love Rain(愛の雨、사랑비):オリジナル楽曲
*動画をお借りしました。

<つづく>












# by ayakolovekorea | 2018-03-21 17:20 | 韓国ドラマOST | Trackback | Comments(2)
江華島で、カフェ「Tea & Cafe「남문로7」」で、キム・ナムギルさんとキム・アジュンさん主演ドラマ「名不虚伝(ミョンブルホジョン)」のロケ地に遭遇しました!何という偶然!
f0283431_01205909.jpg
■名不虚伝(명불허전、ミョンブルホジョン)とは
名前はいたずらに伝わらない、という意味。
(名声が広く伝わっているということは、それだけの理由がある。)

カフェに入ると、入り口に、ドラマのポスターが貼ってありました。なぜここに貼ってあるか不思議で、お店の方に聞いたところ、このお店の裏にある古宅が、ドラマのロケ地に使われたとのこと!!なんと、ねらっていないのに、ロケ地にきてしまいましたw嬉しい♪

ただ、この古宅は、個人宅のようにみえたので、見に行っていいのか、写真をとっても大丈夫か、これもお店の方に確認したら、「たぶん、大丈夫よ!」とのことで、早速、行ってみました。でもやっぱり心配だったので、こっそり、短時間でw

他の方のブログを拝読して知ったのですが、この古宅を見学するには、事前に予約が必要だったとのこと!私は、ありがたいことに、見学させて頂きました。(外観とお庭)
⇒詳しくはこちらの「キム・ナムギルと私」様のブログをお読みください。

ここに行った時は、まだ日本でこのドラマが放送されていなかったのですが、記録しておこうと、いくつか写真を撮らせてもらいました。

f0283431_01210148.jpg
この古宅は、劇中では、漢方医院、兼、キム・アジュンさん演じるチェ・ヨンギョンと祖父が暮らす家の設定です。
f0283431_01210154.jpg
このお庭のシーンは⇒こちらをご覧ください。
f0283431_01210239.jpg
f0283431_01210095.jpg
主役のキム・ナムギルさんは、2013年放送のドラマ「サメ」以来、4年ぶりのドラマです。それも、私の記憶によると、今回の彼のコミカルな演技、初めてみました!演技派俳優だけあって、コミカルが本当にコミカル(笑)。今までの、シリアスで暗く何かを背負っているような役のイメージがあったので、そのギャップもあって、おもしろかったです!

ヒロインのキム・アジュンさんは、ご存知の通りコミカルな演技もお得意。今までも、映画「カンナさん、大成功です」、ドラマ「アクシデント・カップル」などで、コミカル演技には定評があります。今回は、過去のある出来事によってトラウマを抱えているという役で、キム・ナムギルさんとタックを組んでいます。

あらすじは、キム・ナムギルさん演じる朝鮮時代の最高鍼灸師と、アジュンさん演じる現代の名医のお話。このお二人が、朝鮮時代と現在を行ったり来たり。タイムスリップメディカルラブストーリーです。
(↓画像をおかりしました。)
f0283431_01533057.jpg
キム・ナムギルさんはインタビューで、「暗くて孤独なキャラクターを演じてきた。今までとは違う演技をしてみたかった。」と答えたとのこと。十分に見せてもらいました!演技派俳優のコミカル演技は、最高ですwぜひご覧ください。

スカパー!
冬の5大テーマ祭り「韓流・華流」をもっと見る

# by ayakolovekorea | 2018-02-13 02:41 | 2017年10月 ソウル・江原道・江華島 | Trackback | Comments(2)
韓国ドラマを見始めてから、今まで、およそ380タイトルほど見てきましたが、私の記録(ドラマをデータベース化しておりますw)、そして受けた感動や記憶をたどると、私OST評論家にとって、この「鬼<トッケビ>」は、ベスト3に入る名作です。

ベスト3入りしたのは、もちろんドラマの内容がよかったからですが、私の中では、ドラマのOSTがとても大きな要因となっています。全曲、それほどに素晴らしく、この独特な”トッケビ”の世界をみごとに表現してくれています。
その中から、今回は、この曲をご紹介しましょう。

OST-初雪のように君のもとへ行く(첫눈처럼 너에게 가겠다)/ Ailee(에일리)
ドラマー「鬼<トッケビ>(쓸쓸하고 찬란하神-도깨비、スルスラゴ チャルラナ神-トッケビ-)」(さびしく煌びやかな神-鬼-) / tvN 2016年(16話)
f0283431_20203427.jpg
"韓国のビヨンセ"とも言われている女性ソロシンガーのAilee(エイリー)が歌っています。
このOSTは、コン・ユ演じる鬼(トッケビ)の心情を表す楽曲です。調べてみると、女性目線で翻訳されている方もいらっしゃって、内容を拝見すると、たしかにどちらともとれる、トッケビの心情でもあり、ウンタク(ヒロイン)の心情でもある曲です。

Aileeは、これまでにも、ジャンルを問わずたくさんのOSTに参加しています。このブログでもご紹介したことがありますが、ファミリーもの、復讐もの、時代劇、もちろんラブコメなど、さまざま。これも、彼女の歌唱力だけでなく、飛びぬけた表現力によりドラマを盛り上げる力量が認められているからだと思います。ひっぱりだこ、です。
*画像をお借りしました。
f0283431_20180090.jpg
また、Aileeは、このOST「初雪のように君のもとへ行く」で、いくつもの賞を受賞!2017年、もっとも歌われた曲といっても過言ではないとのこと。OST界でも歴史に残る名曲になりました。
Ailee、ますます素晴らしいディーバになっています!彼女の次回作(もちろんOSTですがw)、楽しみです。

・2017ケーブル放送大賞:OST賞
・第27回ハイウォンソウル歌謡大賞:OST賞
・第32階ゴールデンディスク:ベストOST賞

どうぞお聴きください。


本人が歌っているライブバージョンの動画もお届けします。

*動画をお借りしました。












スカパー!

冬の5大テーマ祭り「韓流・華流」をもっと見る

# by ayakolovekorea | 2018-01-30 20:42 | OST紹介 韓国ドラマ「た行」 | Trackback | Comments(0)
韓国ドラマ「応答せよ、1997」OST
まとめてみました!

1月13日(土)に、代官山にあるアジアンカルチャーセンターAICC様で、OST講座を開催いたしました。
内容は、OSTの基礎の他に、ドラマ「応答せよ」シリーズのOSTについて掘り下げてお話させて頂きました。

「応答せよ」シリーズのOSTは、"リメイク"の宝庫!
このシリーズは、1997年、1994年、1988年を舞台にした、ドラマ3部作です。3作品ともに、ちょっと昔を舞台にしたノスタルジックな雰囲気漂う、誰もが"懐かしい"と感じるドラマです。

そんなドラマだけに、リメイク曲のOSTは、私たち視聴者の心にしみわたります。
あの歌手の昔の歌を、このアーティストが新しい命を吹き込み歌い上げる、こうして名曲は歌い継がれていくものなんだな、と感動すら覚えます。

f0283431_01315325.jpeg
今回は、シリーズ第1弾「応答せよ、1997」のOSTをまとめてみました。(全曲ではありませんw)

■ドラマ情報
・韓国原題:「응답하라 1997」(応答せよ、1997)
・日本題名:「応答せよ1997」
・韓国初放送:2012年7月(tvN、全16話)
・日本初放送:2012年12月(Mnet)

1.All For You / ソ・イングク(서인국)、チョン・ウンジ(정은지、Apinkメンバー)
f0283431_01430282.jpg

2.私たちの愛、このままに(우리 사랑 이대로)/ ソ・イングク(서인국)、チョン・ウンジ(정은지、Apinkメンバー)
主人公ふたりが歌うデュエットOST第2弾です。
これもリメイク曲!原曲は、1992年公開映画「恋風恋歌」(チャン・ドンゴン、コ・ソヨン主演)のOSTです。たくさんのアーティストがカバーしている名曲です。

3.告白(고백)/ DELISPICE(デリスパイス、델리스파이스)
この曲は、1995年結成したロックバンド「デリスパイス」の楽曲で、2003年にリリースされた5集アルバム「Espresso」に収録されています。同年の2003年公開映画「ラブストーリー(原題:クラシック)」のOSTに使用され大ヒットしたとのこと。ですが、この映画のOSTアルバムには収録されていないのですー残念!

5.青二才の恋(애송이의 사랑)/ ヤンパ(양파、女性ソロアーティスト)
1997年にデビューした、"元祖バラードの女王"とも言われているヤンパの楽曲です。 彼女のファーストアルバムに収録されているリード曲。今でも愛されている楽曲です。

6.悲しいほど美しい(슬프도록 아름다운)/ K2 김성면
1991年にデビューし、1994年にK2を結成しました。彼らの1995年にリリースされた曲です。


8.愛する君に(사랑하는 너에게)/ SECHSKIES(ジェクスキス、젝스키스)
伝説の6人男性アイドルグループの、1997年リリースのセカンドアルバム「Welcome To Sechskies Land」収録曲です。ドラマに出演しているウン・ジウォンが、このグループのリーダーです。2000年に解散しましたが、2017年に再結成しました。今は、BIGBANGなどの所属事務所YGエンターテイメントに在籍しています。

13.To heaven / チョ・ソンモ(조성모)
1998年にデビューしたチョ・ソンモのファーストアルバム「To heaven」のタイトル曲が、このドラマのOSTとして使われています。
私は、ドラマ「パリの恋人」のOSTで、初めてチョ・ソンモの歌をききました。そのドラマのOSTも名曲です!


OSTアルバムには合計15曲のOSTが収録されていますが、全曲、ドラマの年代に近い曲でした。「応答せよ、1997」というドラマのために、ドラマの雰囲気に合わせたOSTを選曲されているのでしょう。

次回は、応答せよシリーズ第2弾「応答せよ、1994」OSTをご紹介します。
<つづく>





スカパー!

冬の5大テーマ祭り「韓流・華流」をもっと見る

# by ayakolovekorea | 2018-01-22 02:11 | OST紹介 韓国ドラマ「あ行」 | Trackback | Comments(0)