モンタンKOREA

sarahn.exblog.jp

“OST評論家”による韓国ドラマのOSTご紹介、そして、ときどき韓国の旅について書いています。ブログ名の「モンタン」とは韓国語で「まるごと」の意味。OSTの世界をまるっとお楽しみください♪

ブログトップ

タグ:仁川広域市 ( 4 ) タグの人気記事

美味しいビビンククスを頂いたあと、早速、お茶しにいきました。
お目当ては、「柿スムージー」

四角まりさんの『江華島いただきます!』(P45)を読んで、ここは行く!と決めていたのがカフェ「Tea & Cafe 남문로7」(ナンムンロ7)です。掲載されていた「柿スムージー」に目が釘付けに!!
f0283431_20142504.jpg
この「柿スムージー」は、「홍시스무디」(ホンシスムージー)と言い、このカフェでは、冷凍の熟柿で作っているそうです。冷凍ということは、季節限定ではなく1年中いただけるということ!また、冷凍することによって、甘味がぎゅっと閉じ込められるので、スムージーにしたときにも柿の甘味が強く美味しい♪

ご存知の方も多いと思いますが、韓国では、柿のスイーツやドリンクがとても豊富です。また、「干し柿」は、韓国の旧正月(ソルラル)でのギフトの定番ベスト5にいつもランキングされています。そのように、柿は、韓国文化や食生活に重要視されているのでした。

このカフェでは、ドリンクを注文すると、焼いたお餅もサービスで出してくれるのです!
それをハチミツを付けて食べるのですが、これが美味しいんですーーー!実はあまりにも美味しかったので、自宅でもやってみたんですが、お店のようにはいかなかったけれど、美味しくできあがりました。クセになりますw
f0283431_20190932.jpg
もう1つの注目ポイントは、サーブされたグラスです。
あまりにも独特で美しかったのでお店の方に聞いてみたところ、ポーランドのグラスを使っているそうです。
f0283431_20141907.jpg
美味しい柿スムージーと焼き餅をいただき、興奮も落ち着き、店内を観察してみました。すると、いろんな物が目に飛び込んできました。様々なスタイルの座席、2階席、レトロで美しい店内、素敵なインテリア!
f0283431_20142075.jpg
f0283431_20142430.jpg
f0283431_20142377.jpg
f0283431_20142175.jpg
f0283431_20142272.jpg
お店の方もほがらかな方たちで、店内に流れる落ち着いた雰囲気は、最高です!ここでゆっくり過ごしたい、行きつけのカフェにしたい、と思わせるカフェでした。
f0283431_20142658.jpg
次回は、また別のメニューを頂いてみたいです^^

■お店情報
・店名:Tea & Cafe「남문로7」(ナンムンロ7)
・住所:인천광역시 강화군 강화읍 남문안길7
・電話:032-933-9300​
・営業時間:10時半~22時(年中無休)

■ガイドブック『江華島いただきます!』について
前回もご紹介しましたが、このお店が紹介しているこのガイドブックは無料です。郵送も対応いただけるそうです。(送料164円)
詳しくはこちらを参考にしてください。

次回は、このカフェでのビックリ偶然の出会いをご紹介します!!

<つづく>






by ayakolovekorea | 2017-11-23 20:21 | 2017年10月 ソウル・江原道・江華島 | Trackback | Comments(2)
高麗時代の韓服(ハンボク)体験を終え、ランチを食べに行きました。
ランチは、ガイドブック『江華島いただきます!』に掲載されているお店から、自分が食べたい物を選び食べに行く、という、お店探索ゲームのような、自由行動!面白い企画でした♪

私が食べに行ったのは、店名「ハルモニククス」ビビンククス!ガイドブックに載っているビジュアルからもその美味しさが伝わってきました。
f0283431_23491485.jpg
「ビビンククス」とはコチュジャンベースの甘辛いタレがかかった汁なしそう麺の料理です。タレが麺全体に絡まるようにビビン(=混ぜる)して食べます。甘味、辛味、酸味もあって、タレが絶品!

お店「ハルモニククス」のビビンククスには、錦糸卵、野菜各種がのっています。また、このお店の特徴は、トッピングの韓国のりの量!これがインパクト大です。キムチやナムルのパンチャンも出てくるし、ビビンククスにはあったかいスープも付いてきます。
f0283431_23491160.jpg
更に驚くことに、このビビンククスのお値段。4,500ウォン(約450円)なのです!なんてお安い!メニューは、他にも、チャンチククス(温かい温麺、汁あり)などもあります。このチャンチククスは4,000ウォン(約400円)

↓「ビビンククス」は上から3つ目。「チャンチククス」は1つ目。
f0283431_23491245.jpg
ビビンククスを食べ終わり食休みしていると、オーナーさんが、栗をくれました!甘味があって美味しかったな~~^^店内はとても清潔!壁はレンガ模様で、おしゃれな感じでした^^
f0283431_23491042.jpg
f0283431_23530300.jpg
このお店は、「江華観光プラットフォーム」から徒歩5分弱。路地にある店なので少しわかりずらいですが、ガイドブックの裏表紙の地図と下記の住所を検索すると、すぐ見つかります。ちなみに、このお店はP54に掲載されています。
f0283431_23491596.jpg
■お店情報
・店名:ハルモニククス(할머니국수)
・住所:강화읍 강화대로419번길9

次回も美味しい物をご紹介します!^^

<つづく>



by ayakolovekorea | 2017-11-20 00:00 | 2017年10月 ソウル・江原道・江華島 | Trackback | Comments(0)
江華バスターミナルに到着し、先にスタートしていた「第1回こじんまりツアー」へ合流しました。
みなさんは、「江華観光プラットフォーム」高麗時代の韓服(ハンボク)体験をしているところ。私も早速、着させていただきました。
f0283431_07440668.jpg
韓服(ハンボク)は、朝鮮時代も高麗時代も、共通しているのが、上着(チョゴリ)とスカート部分(チマ)の大胆な色やデザインの組み合わせです。着る前は、大丈夫かなーこの組み合わせ、とおもうのですが、着てみるといい”塩梅”なんです!不思議なんですよねー。男性の韓服(ハンボク)もとても鮮やか!
f0283431_07241737.jpg
f0283431_07241894.jpg
それでは「江華観光プラットフォーム」をご紹介しましょう。
ここは、その名の通り、江華島の観光案内の拠点となるところ。いわゆる観光インフォメーションセンター!ですが、それだけでなく、高麗時代の韓国(ハンボク)体験や、VR体験などの文化体験ができます。11/3に正式オープンしたのですが、このツアーでは先取りで中を見学させて頂きました。ありがたい!

f0283431_07241884.jpg
f0283431_07241638.jpg
場所は、「中央市場」のB棟3階。
江華バスターミナルから歩いて行けます。とはいっても、20分ぐらいは見ておいたほうがよいです。となりに、韓国の大手食品専門企業「SPCグループ」が運営するベーカリーチェーン「PARIS BAGUETTE(パリバゲット)」があって、目印になっています。

このプラットフォームの他フロアには、『青年モール』があります!
そこには、カフェスペースや、プチショップがあり、ちょっとした憩いの場にもなります。また、トイレも完備!旅の途中、ちょっと一息いれるにはもってこいの場所ですねw

<アクセス>
・江華バスターミナルの真ん前の道を右に進む → 大通りの交差点にぶつかったら道路を「SKマート」側に渡りそのまま大通りを左へまっすぐ → しばらく進むと大通りの反対側に「パリバゲット」(青い店舗)が見えてくる → 隣の建物が「中央市場」B棟でその3階。

詳しくは、「こじんまりツアー」の開催者であり、仁川観光広報大使の四角まりさんが、仁川観光公社さんと共に発行したブック第2弾「江華島いただきます!」に掲載されています。
f0283431_07263822.jpg
このブックはなんと無料です!完成度たかく、これ無料でいいの!?という内容満載の1冊!江華の美味しいマッチブ(美味しいお店)やカフェが何十店舗も紹介されています。私が知る限り、ここまで江華島のお店を紹介しているガイドブックは他にありません。写真はもちろん、アクセスや、プチ情報も載っていて、重宝するブックです。

ゲットしたい方は、こちらのサイトをご覧ください。送料164円だけで、このブックをいただけます!
↓↓↓↓↓↓↓↓

ちなみに、江華島は、韓国で「2018年今年の観光都市」に指定されており、これから更に観光客が増えるとのこと。「江華観光プラットフォーム」が開館し、韓国国内だけでなく海外からの観光客にとって、江華島がより快適に楽しめそうです♪

次回は、美味しい物をご紹介します!

<つづく>





by ayakolovekorea | 2017-11-15 07:32 | 2017年10月 ソウル・江原道・江華島 | Trackback | Comments(0)
ソウルの新村(シンチョン)を出発し、バスで江華島へ行ってきました!
今回の目的は、仁川観光広報大使の四角まりさんが主催する「第1回こじんまりツアー」に参加するため。このツアーは、その名の通り、こじんまりと少人数で1台のバンに乗り込み、江華島をあちこち巡るという、とても魅力的な、スペシャル感あるツアーでした。

このツアーの集合場所は、江華島にある「江華バスターミナル」。
そうなんです、ソウルでもなく、空港でもなく、いきなり江華島!現地集合&解散の、日帰りツアー!とても魅力的♪

*この写真は、「江華バスターミナル」にある商店街の正面入り口です。
f0283431_03022204.jpg
一見、ハードルが高いように見えますが、江華島へは、新村からバスに乗り終点まで行きます!約2時間で到着します。乗るバスさえ間違わなければ、乗車し後はグッスリひと眠りできますw(実際にひと眠りしました^^)
f0283431_03022951.jpg
今回のブログでは、まず、どうやって江華島へ行くか、そのアクセスをご紹介します。

①バスに乗る場所:ソウル・新村(シンチョン)駅1番出口から徒歩5分。現代百貨店の前にあるバス停。
<注意!>
私の経験談ですw
乗車するバス停は、百貨店の目の前のバス停です。1番出口をでて百貨店方向に道路沿いに真っ直ぐ進みます。道路を向こう側に渡りません。渡った側にあるバス停は、たくさんバスが停まるので、一見そっちかなと思いがちですが、違います。
しかし!道路をわたった側のバス停に乗っても、実はUターンし、百貨店前の停留所に戻ってくるのですwそう、この、新村と江華バスターミナルを結ぶバスは、ここ「新村」で折り返し、Uターン!極端にいえば、このバスに乗ってると乗り換えずに「新村⇔江華ターミナル」を行ったり来たりできるという(笑)

②バス料金:片道1,300ウォン(交通カード)
日本円で、約130円、、、、2時間ぐらいのるのに、たったの130円です!なんとお得な♪

③バスの番号:3000番 or 3000A番(2階建てバス)
2階建てバスは、本数も少なくレアものです♪

④江華バスターミナルまでの所要時間:2時間前後。週末は2時間~2時間半と考えたほうがよいでしょう。

⑤バスの出発間隔
・3000番10分前後
・3000A番は、本数は少な目。下記の画像は江華バスターミナル出発の3000Aのバス時刻表です。①でご説明したとおり、”行ったり来たりバス”なので、参考になるとおもいます。この時刻表に載っている時間にプラス2時間ほどで新村に到着します♪
f0283431_03080293.jpg
⑥バスの座席:つり革があるバスではなく、いわゆる座席バス。2列+2列、の4列というノーマルなバス。

⑦2階建てバス:1階より2階のほうが座席が多い。
今回は、偶然にも本数の少ない貴重な二階建てに乗車できました。もちろん二階に座りました。一番前に陣取りましたw眺めがいい!これはオススメです。
<注意>車酔いが激しい方は、二階よりも一階をおすすめします。2階は少し揺れるかもです。

*2階の座席
f0283431_03071839.jpg
レアな2階建てバスに乗れたので、最前列に座りました。眺めが最高!ちょっと眩しかったですw
f0283431_03024734.jpg
f0283431_03030476.jpg

f0283431_03031117.jpg

江華バスターミナル!
建物には「江華旅客自動車ターミナル」と書いてありますw
このターミナルの中には、商店街もあり、食べるところや、雑貨、衣料品、カフェスタンド(テイクアウトのみ)などがあります。もちろんおトイレも。観光案内所もあります。
f0283431_03022204.jpg
f0283431_03073327.jpg
⑧江華ターミナルからソウルへ戻るバス
約10分間隔でソウル行きのバスが出発します。時間に余裕がある場合は折り返し地点の新村まで乗ってもよいとおもうのですが、お時間に限りがある場合は、渋滞に巻き込まれてしまう可能性があるので、地下鉄に乗り換えてソウル中心地に向かうことをお勧めします。
今回、私は、バス停「合井駅」でバスを降り、すぐ近くにある駅で地下鉄に乗り換えました。
・バス停「松亭駅」:地下鉄5号線(金浦空港の近く)
・バス停「合井駅」:地下鉄2/6号線

ソウルから江華島は、日帰りでも旅できることを体験!また江華島へ行きたいとおもっています。
次回は、江華での「こじんまりツアー」についてご紹介します!

<つづく>








by ayakolovekorea | 2017-11-01 02:36 | 2017年10月 ソウル・江原道・江華島 | Trackback | Comments(0)