OST評論家 モンタンKOREA

sarahn.exblog.jp

“OST評論家”による韓国ドラマのOSTご紹介、そして、ときどき韓国の旅について書いています。ブログ名の「モンタン」とは韓国語で「まるごと」の意味。OSTの世界をまるっとお楽しみください♪

ブログトップ | ログイン

タグ:江華島 ( 17 ) タグの人気記事

12月の極寒のある日、江華島に行ってきました。
ソウルよりも北にあるので、どれだけ寒いのか、、、と覚悟して行ったら、それほど寒くなく過ごしやすかったです。

江華島にある韓国料理店「クムスレ(금수레 )」をご紹介します^^
f0283431_01143665.jpg
この日、私はソウルから、友達は日本から江華島に集合!大人のプチ遠足をエンジョイしてきました。ソウル・新村から座席バスで約2時間で、江華島バスターミナル(終点)に到着しました。

待ち合わせ場所は、江華観光プラットフォーム
ここは、江華島の観光情報が揃っていて、他にも、フードコートがあったり、高麗時代の伝統衣装体験ができたりと、江華島に行ったら必見の場所です。ちなみに、トイレもとてもキレイですw
f0283431_02341734.jpg

f0283431_01085877.jpg

ランチは、合流したお友達、仁川・江華島観光広報大使よすみまりさんオススメのお店「クムスレ(금수레 )」!このお店の代表的なメニューのポッサムとキムチチゲを頂きました!美味しかった!江華の繁華街にある江華観光プラットホームから、徒歩10分以内という立地も便利♪
⇒よすみまりさんのブログはこちら★

よすみさんによると、ポッサムは12種類の韓方で蒸してあるそうです!
これが、とてもジューシー!油っこくなく、脂の部分も美味しくいただけます。ポッサムとゴハンをサンチュで包んで食べると、美味しさ倍増w
f0283431_01085706.jpg
f0283431_01085709.jpg

キムチチゲも絶品!
ほどよい辛さと酸味が、わたし好み♪♪ふたりで、ポッサムとキムチチゲをシェアしたのですが、完食しましたっ!
f0283431_01085716.jpg

そして、パンチャン(おかず)の美味しいこと~。手の込んだパンチャンに箸がすすみました♪私のお気に入りは、お豆のあえ物♪これは、初めて食べるパンチャンでした。美味しかった!
f0283431_01143136.jpg
f0283431_01085737.jpg

店内は、広々していて、個室もありました。
f0283431_01085711.jpg
f0283431_01143189.jpg
f0283431_01085897.jpg
f0283431_01172494.jpg
このお店では、美味しい美味しい、としか言ってないとおもいますw
江華島に行かれた際は、ぜひ、このお店でお食事してみてください。

■お店
・店名:クムスレ(금수레)
・住所:仁川広域市江華郡江華邑東門アンキル8-1
f0283431_01085856.png

f0283431_01382911.jpg




by ayakolovekorea | 2019-03-07 23:00 | 2018年12月 ソウル・江華島 | Trackback | Comments(0)
江華島特産のカニ料理を頂いた後、食後のお茶をしに行きました!
今回のFAMツアー、仁川・江華島の関係者の方々がご紹介してくれたカフェは「朝陽紡績」(조양방직)です。
f0283431_02171924.jpg

食事をしたお店から徒歩で向かいました。ゆっくり歩いて10分強ほど。
たどり着いたカフェは、え、ここがカフェ??な、な、なんって広い敷地!入り口は、工場の入り口のようでした。
f0283431_02164620.jpg

このカフェの説明を伺うと、やはり、1930年代に建てられた紡績工場だったとのこと。その跡地に、建物をリノベーションして作ったカフェだそうです。その紡績工場の名前が「朝陽紡績」(조양방직)といい、その名前がそのままこのカフェのお店の名前になっていました。

敷地に入ると、あちこちライトアップ!
夜に行ったので、敷地内を隅々まで見学することはできませんでしたが、代わりに、ライトアップで美しく風情あるカフェを見ることができた!今度は昼に行ってみたいです。
f0283431_02150189.jpg
f0283431_02353565.jpg

店に入ると、とてもオシャレ!どこを撮影しても全部が"インスタ映え"ですw
レトロな雰囲気のインテリアはとても素敵!カフェのあちこちに飾られている椅子やテーブル、家具、全てがアンティーク!店長のお話によると、アンティーク道具については単なる置物ではなく、昔、使われていた本物とのこと。とてもこだわりを感じました。

カフェに入るとすぐにオーダーするカウンターがあって、ケーキが並んでいるケースや、コーヒー豆などがずらりと。
f0283431_02150134.jpg
f0283431_02353680.jpg

オーダーを終え、いざカフェの店内へ向かいました。
f0283431_02353745.jpg


すると、なんて広い!!!こんな広いカフェ、生まれて初めてです。
他のお客さんもいましたが、なにせ広いので、まったく気になりませんwわたしたちは、席に着く前に、その店内を見学しはじめました。見学しつつ、でも写真にもおさめたく、集中してみてまわりました(笑)
f0283431_02171517.jpg
f0283431_02150149.jpg
f0283431_02171793.jpg
f0283431_02164326.jpg

オーダーしたドリンクを取りに行き、ようやく席にすわり落ち着いてコーヒーをいただきました。でも、店内あちこちを目で追っていました。ツアー参加者5人は、ちょっと一緒に写真を撮ったあとは、もう、それぞれおもいのままに、カフェを楽しみました!
f0283431_02171882.jpg

そういえば、夕食のときに、江華島関係者の方が、カフェにいったらぜひおトイレにも行ってみてください、というナゾめいたお話があったのを思い出しました。早速女子トイレにいくと、、、、これがトイレ?!だから勧められたんだな~~~。
f0283431_02164579.jpg
トイレ、そしてトイレの待合室のようなスペース、すべてがオサレ!
f0283431_02150381.jpg
f0283431_02353685.jpg


どこもかしこも、レトロ映画や、KPOPのMusicVideoの撮影にピッタリ!どう切り取っても、全てに物語を感じる、素晴らしい空間でした。
f0283431_02150486.jpg

お茶して、見学もして、少し落ち着いた頃、ツアーの引率の方がこのカフェの店長さんからお話をきこう、とご紹介してくれました。
店長のお話によると、このカフェ、

席数が1,000席
カフェ敷地、300坪
全敷地、2,500坪

とのこと!もう、壮大すぎてwww

このカフェは、ソウルの弘大(ホンデ)にある有名カフェとのコラボだそうです。今年の7月2日にオープンしたばかり。江華島へ、若い世代を誘致し江華島に活気をもたらすようにという思いで作られたカフェとのことでした。たしかにこのカフェだったら、インスタ映えすること間違いなし!ソウルからバスで1時間半程度で行けるし、デートにもピッタリです。

■カフェ大国、韓国。ご高齢でもカフェでコーヒー頂きます。
韓国は、カフェ大国で、国民もコーヒーが大好きと聞いています。高齢の方でもコーヒーを好んで飲まれる方が多いそうで、カフェに入ると、カップルや仲間同士、ひとりのお客様だけでなく、家族連れや、お孫さんを連れたハラボジ/ハルモニをよく見かけます。


このブログを書くにあたり、インターネットで色々調べていたところ、あるブログに辿りつきました。そのブログでは、このカフェができる前の2014年に、工場跡地に訪れたという記事が書かれていました。その当時の写真も!このブログの方は、有名なインフルエンサー様!偶然とはいえ、知ってる方のブログだったとは、ビックリしました。ぜひそのブログもお読みください!

そのブログで知ったのですが、実は、この敷地内の一角は、ドラマ「百年の遺産」(MBC2013年放送)のロケ地だったのです!ヒロインの実家という設定でした。これまた偶然、嬉しい発見でした。
f0283431_02150046.jpg
f0283431_02150050.jpg
カフェに話を戻します。
このカフェですが、ドリンクがとても美味しかった!また、ポテトケーキを一口いただいたのですが、絶品!他にも、ケーキが何種類もありました。チーズケーキも人気のようです♪
f0283431_02150024.jpg
メニュー一覧(ドリンクのみ)
f0283431_02172025.jpg
江華の繁華街からも徒歩で行ける距離にあるカフェ「朝陽紡績」(조양방직)。
ぜひ行ってみてください!
f0283431_16162282.png
<つづく>





by ayakolovekorea | 2018-09-24 16:00 | 2018年夏「仁川・江華島FAMツアー」 | Trackback | Comments(0)
サワガニを使った"チャムケジャン(참게장)"を頂きました!

よく知られているカニ料理"カンジャンケジャン"。それはワタリガニを使ったカニの醤油漬け料理ですが、江華島にある韓国料理店「菊花湖水」(クックァホス / 국화호수)では、珍しいサワガニを使った「チャムケジャン」を食べることができます。
f0283431_18474889.jpg
サワガニとは、淡水に生息するカニで、大きさは、ワタリガニにくらべて若干小さいです。江華島は、漢江(ハンガン)の河口に位置しているため、このようにめずらしいカニのお料理を頂くことができるんだそうです。


前回ご紹介しました「ソチャン体験館」から、徒歩でお店に向かいました。
ゆっくり散策しながらだったので、15分ほどだったと思います。江華観光プラットフォームから数分のところでした。

・江華観光プラットフォーム
f0283431_18474853.jpg
・韓国料理店「菊花湖水」(クックァホス / 국화호수)
f0283431_18474935.jpg

テーブルにつくと、さっそくカニが!!おいしそう!!
ケジャンは、よく"ごはん泥棒"と言われます。チャムケジャンもカンジャンケジャンも、甲羅に詰まった味付けした身やミソなどをアツアツのゴハンとまぜて頂くのですが、あまりの美味しさにゴハンがどんどん進んでしまうのです。ゴハンを盗む勢いで食べてしまうので、"ごはん泥棒"と言われています。
f0283431_18474880.jpg

このお店は、石釜でたいたゴハンが頂けます!
石釜ゴハンをお茶碗にうつし、甲羅からチャムケジャンをゴハンにかけてまぜて頂きます。この日、お店の社長さんが来てくださり、直接まぜまぜしてくれました。これが美味しい!こだわりのまぜかたがあるようです。
f0283431_00165265.jpg
f0283431_18475039.jpg
足にもかぶりつき!
タレはこのように色が濃いですが、ぜんぜんしょっぱくありません。
f0283431_18475036.jpg

今回は、海鮮のピリ辛鍋(참게탕(チャムゲタン)もいただきました。
サワガニをはじめとした海鮮、野菜、そしてスジェビも!スジェビとは、日本のすいとんのようなものです。ピリッとしたスープがこのスジェビに味がよくしみこんでいて美味しかったー。
f0283431_18474991.jpg
パンチャン(おかず)も品数多し!
f0283431_00201337.jpg
f0283431_00201315.jpg
・お店のメニュー
f0283431_18474938.jpg
ツアーの初日からこんなに美味しいお料理をいただき、ありがたい限り!
お店の場所も覚えたので、次回、江華島にいったら、またこのお店のチャムケジャンを食べます♪

■お店情報
・住所:仁川広域市 江華郡 江華邑 官庁里 544-13 (인천광역시 강화군 강화읍 관청리 544-13)
・TEL:032-933-8264
・営業時間:11時~22時(ラストオーダー21時)、年中無休
・今回食べたメニュー:チャムケジャン定食(참게장정식、チャムケジャン/ピリ辛鍋/石釜ゴハン)
f0283431_00352678.png
<つづく>




by ayakolovekorea | 2018-09-18 23:00 | 2018年夏「仁川・江華島FAMツアー」 | Trackback | Comments(0)
「だから仁川FAMツアー」の2つ目のスケジュールは、江華島の伝統織物生地「ソチャン」(소창)の体験館訪問。

・「ソチャン」(소창)とは
江華島の伝統織物生地のこと。綿などで作られていて、サラっとしてますが麻ほど固くない手触り。独特でした。30年ほど前まで赤ちゃんのオムツに使われていたそうです。赤ちゃんの肌にも優しい肌触りということですねー。その昔、江華島は、織物産業でとても栄えていたそうです。
f0283431_16010919.jpg

江華島の中心地あたりにある「ソチャン体験館」(소창체험관)に到着。門をくぐると、いくつもの情緒ある建物がありました。
f0283431_16014927.jpg

f0283431_16014944.jpg
建物のの1つ「体験館」に入ると、ソチャンが展示されていたり、昔のミシンの紹介や、その他ソチャンに関連するものが展示されていました。
f0283431_16015144.jpg
f0283431_16015165.jpg
奥に案内されテーブルに座ると、体験館の方がある映像をみせてくれました。それは、ソチャンの歴史、そして江華島の織物産業についてのお話でした。そこでビックリしたのは、なんと日本語字幕があったのです!これはとても助かりましたw
f0283431_16043714.jpg
映像を見終わると、担当の方が補足としてソチャンについてお話もしてくださいました。
そして、いよいよ体験♪今回は、ソチャンの生地をつかってハンカチを作りました。

作業するテーブルには、カラーペンや、江華島の特産の可愛いスタンプがたくさんw絵心があまりないので、スタンプで作ることにしました。まっさらな生地にいざ色を入れようとすると、ムズカシイw自由に、というのが一番難しいですね。
f0283431_16015092.jpg
f0283431_16015041.jpg
それでも、やっと完成しました!
江華島の特産がテーマです♪右から、さつまいも、人参、かぶ、綿。これは、ハンカチではもったいないwカバーとか、タペストリーにしたりかなw
f0283431_16010919.jpg

江華島でのツアーでもらったパンフレットを読むと、「ソチャンキル」という通りがありました!そこには、この通りだけでもたくさんの織物工房の跡地などが連なり、そのなかに「ソチャン体験館」もありました。江華島には、たくさんの特産物がありますが、織物で栄えたところだったとは、初めて知りました。
f0283431_16015286.jpg

体験の後は、体験館の中を見学です。
そこで発覚!なんと、この体験館で、チャン・グンソクさん主演ドラマ「スイッチ」のロケ地にも使われたとのこと!直筆サインがあったり、撮影当時の写真がいくつか飾られていました♪
f0283431_16121798.jpg
f0283431_16110265.jpg
f0283431_16110256.jpg

また、ソチャン体験館について、パンフレットには次のように説明されていました。
「1960年代当時のソチャンを作る工程が体験でき、様々な折り機など昔の器具を実際に使うことができる。また、色々なソチャン製品も購入できる場所」

・織物の様子
f0283431_16393089.jpg
・門にかかっていた説明書き。
日本の福井県とご縁があるようです。
f0283431_16392964.jpg

こうして伝統を体験することで、その街の歴史をより深く知ることができるんだなと実感しました。

■ソチャン体験館(강화소창체험관)
・住所:江華郡江華邑南門アンキル20番キル8
・営業時間:10時~19時
・TEL:032-934-2500
・HP(韓国語):http://ghsochang.tistory.com/


by ayakolovekorea | 2018-09-17 17:00 | 2018年夏「仁川・江華島FAMツアー」 | Trackback | Comments(0)
この韓屋(ハノク)コンドミニアムでは美味しい朝食を頂くことができます。
宿泊客のお世話をしてくださる方の手作り家庭料理!これが美味しかったーー!

f0283431_01510961.jpg

今回のツアーに参加している方々とは、2回目の食事。こうして、ひとつのテーブルに集まって食べたのは初めてでしたが、家庭のような食卓だからか、ちょっと不思議な雰囲気でしたw旅行中というより、親戚の家に遊びに来た時の朝食の感じ。参加者5名と担当の方2名、7名で囲んで食べた朝食の風景は、とても印象深くいい思い出です。
f0283431_02222031.jpg

前の日に、朝食はアワビのお粥と聞いていたのでとても楽しみにしていました。
パンチャンもちょっとあるだろうなー、とおもっていたら、ちょっとどころか!たくさんのパンチャン、そしてトウモロコシも!どれもが美味しい!アワビ粥、ペロッと食べましたw
f0283431_01511276.jpg
f0283431_01511046.jpg
朝食を頂いて、少し休憩をとりました。
珈琲をいただき、管理人さんとお話したり、散歩も。朝8時ぐらいだったからか、それほど暑くなく過ごしやすいひとときでした。もっとお庭を散策したかったです。

宿を後にして、バスが待つ大通りへ向かう途中には、畑があったり、小川もありました。短い間だったけれど、とても貴重な経験でした。次回来るときも、合宿のように何人かで泊まりにきて、ここを拠点に江華島を観光して周りたいとおもいます!
f0283431_01504924.jpg
f0283431_01510717.jpg
■淡淡閣(담담각)
・住所:仁川広域市 江華郡 河岾面 三巨里 724-1
   (인천광역시 강화군 하점면 삼거리 724-1)
・予約情報:Konestさんのサイト⇒こちら
・「淡淡閣」サイト(英語/韓国語)⇒こちら
f0283431_03115525.png

by ayakolovekorea | 2018-09-16 15:00 | 2018年夏「仁川・江華島FAMツアー」 | Trackback | Comments(0)
宿泊した江華島の韓屋コンドミニアムは、全部を貸切り!内輪だけなので気兼ねせずすごせました。また、韓屋スタイルの宿ですが、内装だったりシステムが新しく、とても泊まりやすい宿でした。もう一度ゆっくり、そして連泊してみたい!
f0283431_00433987.jpg
前回のブログでも書きましたが、この宿までの道に大型バスが入れないため、バスを降りて歩いて向かいました。この写真の左奥が、今回宿泊したところです。
f0283431_02222741.jpg

「淡淡閣」の目印はこちら。石垣の壁がながーくのびています。
f0283431_01052269.jpg
f0283431_01055064.jpg

入り口の門を入ると、母屋へつづく道がつづいています。
それにしてもお庭が広いw
f0283431_00460857.jpg
f0283431_00415711.jpg


そして離れのような客室も!
そこは半地下のようになっていました。天井はガラス張り!母屋のほうのベッドルームは韓屋(ハノク)スタイル、この部屋は今風の客室でした。
f0283431_00415277.jpg
f0283431_00420151.jpg

庭にでると、池があって、鶏小屋や、散歩道も。広い敷地ですが、緑が生い茂っていて、涼しさも感じました。迷子になりそうなくらい緑が多く!
f0283431_02333491.jpg
f0283431_01052128.jpg
f0283431_01052093.jpg
f0283431_01052168.jpg
f0283431_01055096.jpg
この日、江華島もとても気温が高く蒸し暑く。だからか余計に、緑に囲まれた宿はとても心地よかったです。
次回は、お食事とこの宿情報をご紹介します。

<つづく>






by ayakolovekorea | 2018-09-16 01:34 | 2018年夏「仁川・江華島FAMツアー」 | Trackback | Comments(0)
江華島にある韓屋コンドミニアム「淡淡閣」に宿泊しました!
f0283431_00551922.jpg

「だから仁川FAMツアー」での初日の宿泊は、江華島にある韓屋のコンドミニアム「淡淡閣」(담담각 / Damdam Gak)でした。今までの韓国旅行で、1回だけ、韓屋式のホテルに宿泊した事はありましたが、まるっと貸し切るコンドミニアムは初めて。

「淡淡閣」に到着。
外に出ると、宿ではなく、道路でした。
なんと、宿までの道がせまくてバスが通れないとのことで、私たちはバスをおりキャリーバッグをコロコロし、宿まで徒歩ですすみました。すると、管理人のご夫婦が宿の手前まできてくれていて、私たちの荷物をリヤカーで運んでくれました!なかなかおもしろい経験でした♪


・母屋への入り口
f0283431_02165203.jpg
f0283431_02375620.jpg

中庭のアプローチを進むと、母屋が!素敵です!
f0283431_00560290.jpg

「淡淡閣」は、1930年に建てられた韓国の伝統家屋。資料によると、敷地面積は5,000坪とのこと。
外観は、昔の伝統を感じる情緒ある建物で雰囲気ですが、中は!

広いリビング、ダイニング、キッチン、ベッドルーム、お風呂など、新しい!古と現代との調和がとれた内装になっています。

・リビング
f0283431_01081726.jpg
f0283431_01172546.jpg
f0283431_01222168.jpg

・ダイニング
ここで美味しい食事をいただきました。
f0283431_01094230.jpg

・キッチン
管理人のアジュモニがお茶やフルーツだしてくれました。
翌朝には、美味しい朝食をつくってくれた!
f0283431_00581772.jpg
f0283431_01301299.jpg

上をみあげると昔ながらの梁だったり、ベッドルームには伝統家具があり、ランプがともり、もちろんエアコンも。そして、各室に専用バスルームがあって、そのバスルームも素敵です。
f0283431_00573337.jpg

・ベッドルーム
虫よけグッズも設置されてました。
f0283431_01002178.jpg
f0283431_01005296.jpg
f0283431_02041315.jpg

・1つのベッドルームには、なんと隠れ家のような屋根裏部屋がありました!
f0283431_01222900.jpg

・バスルームは、一部屋にひとつずつついてます!とても便利でしたー。
この写真のバスルームから裏庭へ出られるのですが、そのドアがガラス張りでした。
外に人の気配はないですが、まるみえの状態でwおトイレに入るときにどうすればいいかとおもったら、なんと、スイッチひとつで扉に早変わり!ご安心をw
アメニティーもそろっているし、ドライヤーもあり、バスタオルとタオルも、きちんと準備されています。
f0283431_01025512.jpg

・バスルーム
バスタブがあるお部屋もあります♪
f0283431_01024070.jpg
次回は、離れやお庭などをご紹介します♪

<つづく>


by ayakolovekorea | 2018-09-14 02:07 | 2018年夏「仁川・江華島FAMツアー」 | Trackback | Comments(0)
こんなに、全体が真っピンクのカフェは初めてでした!それも海辺の好立地です!

そして、このカフェのアイコン!バルコニーにある、大きなピンクのカップ♪
この写真を撮ったとき、偶然、雲がカップからの湯気のようにうつり、可愛い写真になりましたw
f0283431_23470269.jpg
このカフェは、仁川広域市の江華島にあるドッグカフェ「I'm Fine」(아임파인、アイムファイン)。ご覧のとおり真っピンク!実際に見ても、真っピンク♪インパクト大でした。
f0283431_23203102.jpg
仁川空港を13時45分頃、バスで出発し、1時間半ほどで江華島のこのカフェに到着しました。この日も、韓国は酷暑。真夏の太陽の下、このカフェはとても鮮やか。

お店に入ると、お店の方がいません。
カウンターには、店員がいなかったらこちらに連絡してください、というメモが!おもしろいシステムです。ペンションを経営している方がつくったカフェとのことです。そうえいば、江華島って、リゾート地なのでペンションが多いのでした。

f0283431_23412413.jpg
f0283431_23210054.jpg
f0283431_23204948.jpg
f0283431_23205156.jpg

向こう側に見える島は、席毛島(ソンモド、석모도)。普門寺(ポムンサ、보문사)がある島です。以前はフェリーでしか行くことができませんでしたが、今は橋がかかり、バスで渡ることができます。数年前に行ったのですが、普門寺は必見です!

このカフェは、ドッグカフェ。私たちが訪れた時も、可愛いワンちゃんをつれたカップルやご家族が数組いらっしゃいました。バルコニーにも、テーブルやソファが置いてあって、海を眺めながらゆっくり過ごすことができます。何と贅沢な♪
f0283431_23205003.jpg
f0283431_23211008.jpg
f0283431_23211036.jpg

バルコニーから見る、席毛島。
最前の2席のソファーは、最高の景色をみることができました。
f0283431_23205101.jpg

ツアーの担当の方が後ろから撮ってくださいましたw
f0283431_00061721.jpg

オーダーしたのは、生フルーツジュース。
マスカットや、カラマンシー(ライムとかシークァーサーのような果物)を頂きました。生ジュースをオーダーすると、こうした可愛らしいボトルでサーブしてくれるようです。
f0283431_23205224.jpg

今回参加させていただいた「だから仁川FAMツアー」は、5名の参加者と案内してくださる方が1名。仁川や江華島をまわる3泊4日のツアー。メインスケジュールは、9月1日に開催された「INK Incheon K-POP Concert 2018」でした。

カフェまでのアクセスはわかりづらいかもしれないので、江華島バスターミナルに到着したらタクシーで向かうのをお勧めします

このブログで、どんどんご紹介していきます!お楽しみに♪♪^^
f0283431_23205033.jpg
■カフェ「I'm Fine」
住所:仁川広域市 江華郡 華道面 内里 2159-15(인천광역시 강화군 화도면 내리 2159-15)
TEL:0507-1458-8624

<つづく>


by ayakolovekorea | 2018-09-10 00:56 | 2018年夏「仁川・江華島FAMツアー」 | Trackback | Comments(0)
江華島で、カフェ「Tea & Cafe「남문로7」」で、キム・ナムギルさんとキム・アジュンさん主演ドラマ「名不虚伝(ミョンブルホジョン)」のロケ地に遭遇しました!何という偶然!
f0283431_01205909.jpg
■名不虚伝(명불허전、ミョンブルホジョン)とは
名前はいたずらに伝わらない、という意味。
(名声が広く伝わっているということは、それだけの理由がある。)

カフェに入ると、入り口に、ドラマのポスターが貼ってありました。なぜここに貼ってあるか不思議で、お店の方に聞いたところ、このお店の裏にある古宅が、ドラマのロケ地に使われたとのこと!!なんと、ねらっていないのに、ロケ地にきてしまいましたw嬉しい♪

ただ、この古宅は、個人宅のようにみえたので、見に行っていいのか、写真をとっても大丈夫か、これもお店の方に確認したら、「たぶん、大丈夫よ!」とのことで、早速、行ってみました。でもやっぱり心配だったので、こっそり、短時間でw

他の方のブログを拝読して知ったのですが、この古宅を見学するには、事前に予約が必要だったとのこと!私は、ありがたいことに、見学させて頂きました。(外観とお庭)
⇒詳しくはこちらの「キム・ナムギルと私」様のブログをお読みください。

ここに行った時は、まだ日本でこのドラマが放送されていなかったのですが、記録しておこうと、いくつか写真を撮らせてもらいました。

f0283431_01210148.jpg
この古宅は、劇中では、漢方医院、兼、キム・アジュンさん演じるチェ・ヨンギョンと祖父が暮らす家の設定です。
f0283431_01210154.jpg
このお庭のシーンは⇒こちらをご覧ください。
f0283431_01210239.jpg
f0283431_01210095.jpg
主役のキム・ナムギルさんは、2013年放送のドラマ「サメ」以来、4年ぶりのドラマです。それも、私の記憶によると、今回の彼のコミカルな演技、初めてみました!演技派俳優だけあって、コミカルが本当にコミカル(笑)。今までの、シリアスで暗く何かを背負っているような役のイメージがあったので、そのギャップもあって、おもしろかったです!

ヒロインのキム・アジュンさんは、ご存知の通りコミカルな演技もお得意。今までも、映画「カンナさん、大成功です」、ドラマ「アクシデント・カップル」などで、コミカル演技には定評があります。今回は、過去のある出来事によってトラウマを抱えているという役で、キム・ナムギルさんとタックを組んでいます。

あらすじは、キム・ナムギルさん演じる朝鮮時代の最高鍼灸師と、アジュンさん演じる現代の名医のお話。このお二人が、朝鮮時代と現在を行ったり来たり。タイムスリップメディカルラブストーリーです。
(↓画像をおかりしました。)
f0283431_01533057.jpg
キム・ナムギルさんはインタビューで、「暗くて孤独なキャラクターを演じてきた。今までとは違う演技をしてみたかった。」と答えたとのこと。十分に見せてもらいました!演技派俳優のコミカル演技は、最高ですwぜひご覧ください。

スカパー!
冬の5大テーマ祭り「韓流・華流」をもっと見る

by ayakolovekorea | 2018-02-13 02:41 | 2017年10月 ソウル・江原道・江華島 | Trackback | Comments(2)
美味しいビビンククスを頂いたあと、早速、お茶しにいきました。
お目当ては、「柿スムージー」

四角まりさんの『江華島いただきます!』(P45)を読んで、ここは行く!と決めていたのがカフェ「Tea & Cafe 남문로7」(ナンムンロ7)です。掲載されていた「柿スムージー」に目が釘付けに!!
f0283431_20142504.jpg
この「柿スムージー」は、「홍시스무디」(ホンシスムージー)と言い、このカフェでは、冷凍の熟柿で作っているそうです。冷凍ということは、季節限定ではなく1年中いただけるということ!また、冷凍することによって、甘味がぎゅっと閉じ込められるので、スムージーにしたときにも柿の甘味が強く美味しい♪

ご存知の方も多いと思いますが、韓国では、柿のスイーツやドリンクがとても豊富です。また、「干し柿」は、韓国の旧正月(ソルラル)でのギフトの定番ベスト5にいつもランキングされています。そのように、柿は、韓国文化や食生活に重要視されているのでした。

このカフェでは、ドリンクを注文すると、焼いたお餅もサービスで出してくれるのです!
それをハチミツを付けて食べるのですが、これが美味しいんですーーー!実はあまりにも美味しかったので、自宅でもやってみたんですが、お店のようにはいかなかったけれど、美味しくできあがりました。クセになりますw
f0283431_20190932.jpg
もう1つの注目ポイントは、サーブされたグラスです。
あまりにも独特で美しかったのでお店の方に聞いてみたところ、ポーランドのグラスを使っているそうです。
f0283431_20141907.jpg
美味しい柿スムージーと焼き餅をいただき、興奮も落ち着き、店内を観察してみました。すると、いろんな物が目に飛び込んできました。様々なスタイルの座席、2階席、レトロで美しい店内、素敵なインテリア!
f0283431_20142075.jpg
f0283431_20142430.jpg
f0283431_20142377.jpg
f0283431_20142175.jpg
f0283431_20142272.jpg
お店の方もほがらかな方たちで、店内に流れる落ち着いた雰囲気は、最高です!ここでゆっくり過ごしたい、行きつけのカフェにしたい、と思わせるカフェでした。
f0283431_20142658.jpg
次回は、また別のメニューを頂いてみたいです^^

■お店情報
・店名:Tea & Cafe「남문로7」(ナンムンロ7)
・住所:인천광역시 강화군 강화읍 남문안길7
・電話:032-933-9300​
・営業時間:10時半~22時(年中無休)

■ガイドブック『江華島いただきます!』について
前回もご紹介しましたが、このお店が紹介しているこのガイドブックは無料です。郵送も対応いただけるそうです。(送料164円)
詳しくはこちらを参考にしてください。

次回は、このカフェでのビックリ偶然の出会いをご紹介します!!

<つづく>






by ayakolovekorea | 2017-11-23 20:21 | 2017年10月 ソウル・江原道・江華島 | Trackback | Comments(2)